【16日】
伊豆市で開催された「東海市長会通常総会」に行ってきました。東海市長会は、東海4県の市長により組織され、各市の要望をとりまとめ、全国市長会を通し、国に伝えています。総会後は、伊豆市内の先進施設を視察しました。
 
(会議の様子)
 
【18日】
城南まちづくり協議会設立総会に参加してきました。平成30年度から地区市民センターを「まちづくり拠点施設」とし、より地域の皆さんが使いやすい施設、人と情報の集まる地域コミュニティの拠点施設へと機能転換を図りました。そうした中で、城南地区ではいち早く子ども食堂や、卓球珈琲(カフェ)など多分野に渡り施設をご活用いただいています。その結果、卓球珈琲(カフェ)が内閣官房創設「beyond2020マイベストプログラム」に認証され、自治体が住民向けに実施する事業としては初めてとなります。今後も、この「まちづくり拠点施設」が活気づいていくものと大変うれしく思っております。
 
(総会の様子)
 
 
【18日】
5月10日に発生した桑名市東方の県道交差点で起こった事故現場を視察しました。幸いにも歩行者がいなかったことで被害はありませんでしたが、子ども達の通学路でもある場所のため実際の現場を確認してきました。今回の事故を検証し、子ども達のかけがえのない命を守るためにも関係機関・団体・地域の皆様と連携していきたいと思います。
 
(事故現場視察の様子)
 
【26日】
長島運動公園で「水防訓練」を行いました。今年は伊勢湾台風60周年の年であり、過去の災害を教訓に日頃からの災害に対する備えをすることが重要と感じています。また、ここ数年、局地的な集中豪雨、大型台風が多発する傾向にあり、洪水が全国各地で発生しています。近年、桑名市では大きな水害は発生していませんが、海抜ゼロメートル地域があるため、災害が起きた時には大きな被害となることが予想されています。このような水防訓練を通し、防災対策に取り組んでまいります。
 
(水防訓練時のあいさつ)
 
【26日】
木曽三川下流部広域避難実現プロジェクトが木曽岬町で行われました。木曽三川下流部の市町村長や近隣の皆様が多数参加しました。東京大学大学院片田名誉教授の講演や市町村長がディスカッションを行い、大規模水害に備えるため防災意識の向上を図りました。
 
(議論の様子)
 
【30日】
桑名市自治会連合会定期総会に出席してきました。市民の暮らしやすさに直結する地域の身近な課題においては、迅速に対応する必要性から私自ら地域に赴き自治会長の皆様と課題を共有しています。自治会長の皆様は地域と私を繋いでいただく大切なパートナーであり、今後も情報を共有しながら「全員参加型市政」を実現していきたいと思います。
 
(総会の様子)