総務省・三重県・桑名市では本年10月から11月までの2か月間、『2019年全国家計構造調査』を実施します。

調査の趣旨についてご理解を頂き、ご協力をお願いします。
 

全国家計構造調査とは

全国家計構造調査は、家計における消費、所得、資産及び負債の実態を総合的に把握し、世帯の所得分布及び消費の水準、構造等を全国的及び地域別に明らかにすることを目的としています。調査結果は、社会保障や福祉政策の検討など、国民生活に身近なさまざまな政策などに役立てられます。
 

調査の対象 

全国から無作為に選定した約90,000世帯が対象です。
桑名市では、平成27年国勢調査における調査区のうち、国が指定した調査区内の48世帯が対象となります。
 

調査の方法

調査員が世帯を訪問し、世帯状況などを聞き取り、調査書類を配布いたします。
調査員は、「調査員証」を着用しています。