農林水産省・三重県・桑名市では令和2年2月1日現在で、『2020年農林業センサス』を実施します。

調査の趣旨についてご理解を頂き、ご協力をお願いします。
 

農林業センサスとは

農林業センサスは、5年ごとに実施され、農家や林家、会社や集落営農など、農林業を営んでいるさまざまな経営体の実態を正しく把握するための調査です。
調査の結果は、農林業施策の企画・立案・推進のための基礎資料となるなど、広く活用されます。
 

調査の対象 

全国の農林業経営体が対象です。
※農林業経営体とは、一定規模以上の農林産物の生産を行うか、または委託を受けて農林業作業を行う事業者をいいます。
 

調査の方法

知事から任命された統計調査員が調査対象となる世帯や会社等を訪問し、経営形態の状況などを聞き取り、調査書類を配布します。
記入いただいた内容は統計以外の目的で使用することはありませんので、ありのままを記入していただくようお願いします。
調査員は、「調査員証」を着用しています。
 
○詳しくは農林水産省HP(www.maff.go.jp/j/tokei/census/afc/)へ