【4日】
第13回美し国市町対抗駅伝の「桑名市選手団壮行会」を行いました。大会は2月16日に行われ、「三重県庁」から「三重交通Gスポーツの杜 伊勢」までの10区間42.195kmを走ります。   
選手の皆さんには、日頃の練習成果を存分に発揮し、大会史上初の3連覇を目指して頑張ってくださいと激励しました。
(壮行会)
 
 
【6日】
生活協同組合コープみえ様と「災害時における物資供給及び物資配送に関する協定」の締結式を行いました。
災害時における物資の支援に加え、市が備蓄する物資も市内の各避難所等に配送をしていただくことになります。
市では、星見ヶ丘地区に防災拠点施設を整備しており、災害時の物資の配送拠点とする予定です。
今回の協定により、防災拠点施設から各避難所までの「ラストワンマイル」を確実に埋めていただけると大変心強く思います。
 
(締結式)
 
 
【12日】
「第64回鋳物生産技術競技会表彰式」を行いました。この競技会は、昭和31年の開始から今回で64回目を数える伝統ある協議会です。
「くわな鋳物」は、平成27年に特許庁から「地域団体商標」の登録を受け、地域ブランドとして登録されました。
市では、ふるさと納税の返戻品として、「くわな鋳物」製品である「ハードスタイル ケトルベル」を取り扱っています。
鋳物の特徴を活かし、ニッチな需要をついた好評の返戻品の一つです。
この競技会をきっかけとして、桑名を代表する鋳物製品や、まだ世に出ていないユニークな鋳物製品が誕生することを期待しています。
 (表彰式)
 
 
【12日】
桑名市障害者雇用優良事業所表彰式及び桑名市優秀勤労障害者表彰式を行いました。
市では、平成26年度から社会における障害者雇用の促進と就業の安定のため、障害者雇用に理解を示し、積極的に雇用する事業所を表彰しており、本年度は2事業所を表彰しました。
また、今年度から、障害者の雇用促進と就業の安定に資することを目的に、“桑名市の事業所に勤務している”または“桑名市に在住している”障害者の方で、周囲に好影響を与え、職業人として輝いている方を優秀勤労障害者として表彰することとし、今回4名の方を表彰しました。
 
(記念撮影)
 
 
【13日】
ノザキ製菓株式会社様とネーミングライツ・パートナーシップ契約書の調印式を行いました。
ノザキ製菓株式会社様は、本社は名古屋市になりますが、多度町に三重第1工場、第2工場を、長島町に長島工場を建設されています。
今回のネーミングライツで、公園「多度アイリスパークみぞの」の愛称を「ノザキ製菓アイリスパーク」、球場「多度アイリスパーク球場」の愛称を「ノザキ製菓アイリスパーク球場」、グラウンド「多度アイリスパークグラウンド」の愛称を「ノザキ製菓アイリスパークグラウンド」とします。また、4月からの5年間、3施設の清掃とチェックパトロール、大会参加者への商品提供を実施していただきます。
(調印式)