市長室日記 令和3年6月1日から6月30日

【1日】

第75回全日本体操競技種目別選手権に出場する横井君宇選手が訪問してくれました。

この大会は東京オリンピックの予選も兼ねる非常に大きな大会で、横井選手は「つり輪」「鉄棒」の2種目で出場を予定しています。満足のいく演技ができるよう、横井選手の健闘を祈ります。

 

(横井君宇選手と)

【3日】

精密部品メーカーの株式会社佐藤製作所と新工場建設に伴う企業立地協定を結びました。

建設される工場は、建設用重機の製造工場であり、その精密部品は高精度な加工精度で海外では対応できないコアな技術とお聞きしました。これを機に更に発展され、ここ桑名の地で末永く地域産業を支えていただけることを期待しています。

  

(基本協定締結式の様子) 

【6日】

オンラインで開催された「活力ある地方を創る首長の会」の総会に出席しました。

菅内閣総理大臣からのメッセージの後、内閣府政策参与の出席のもと、コロナウイルスのワクチン接種に関する現場での課題や現状について意見交換を行いました。今後とも国に現場の声を届けながら、可能な限り早くワクチン接種をできるように努めてまいります。

   

(総会の様子)

【9日】

全国青年市長会が主催する「日本を元気にする施策2020」において、全国の自治体で初めてとなるLINEによる保育所の申し込みを可能とした“子育て世帯オンライン申請推進事業”が、会員投票で2位の優秀施策に選ばれましたので、オンラインで開催された表彰式に出席いたしました。LINEによる申請は、非常に多くの方に利用していただき、子どもを連れての移動の負担軽減、コロナ禍での3密対策に効果を上げたことが高い評価を受けました。

  

(表彰式の様子) 

【24日】

星川で整備中の多世代共生型施設(仮称:福祉ヴィレッジ)の建設現場を視察しました。

工事現場を囲む壁面には、地域の子どもたちの絵などが掲示されており、竣工後も福祉施設として期待するだけではなく、地域の方にも楽しく利用していただける施設となることを期待しています。

 

  

(視察の様子)

【25日】

桑名市総合福祉会館で行われている「ふれあいサロンみちくさ」を視察させていただきました。

このサロンでは、福祉施設によるカフェや物販が行われており、障がい者の社会参加や就労に支援が必要な方の就労体験などの場にもなっています。

 

(視察の様子)

 【28日】

多度山に登ったことをきっかけい山登りに魅了され、毎週登山をされているというユーチューバーのsinji登山部さんが訪問してくれました。

山登りの楽しさをたくさんお話しいただき、同時に山登りの危険な部分についても教えていただきました。これから夏に向けて登山の活発な季節になっていきますが、皆さんも多度山登山の際には、感染対策の上、体調管理や装備の準備など、必要なリスク管理を行いながら安全な登山を楽しんでください。

 

(sinji登山部さんと)

【28日】

有限会社 新城(炭焼きうなぎ 新城)様からご寄付をいただきました。

このご寄付は、うなぎを食べて桑名の医療機関にエールをとの趣旨で販売された「みんなのエール弁当」の取り組みから集めていただいたものです。医療機関への支援のため、大切に活用させていただきます。

 

(寄付の様子)