みなさんは鉄道のレール幅が鉄道事業者間の違いだけでなく、国や地域によっても大きく違っていることを御存知でしょうか。

桑名市を走る鉄道会社を見てみると、近鉄名古屋線が1,435mmの標準軌、JR東海関西線が1,067mmの狭軌、三岐鉄道北勢線が762mmの特殊狭軌(ナローゲージ)を用いています。

この3つのレール幅の違いを実感できる日本で唯一の場所が桑名市にあります。

この場所では近鉄名古屋線の益生第4号踏切、JR東海関西線の桑名駅構内踏切、三岐鉄道北勢線の西桑名第2号踏切を横断し、レールの幅を実際に見て体感できます。

普段何気なく通っている場所が実は日本で唯一の場所です。ぜひ、お越しください。

青い線の部分が3種類の線路を渡れる踏切です。


大きな地図で見る

※見学の際は十分に安全確保していただき、踏切事故防止に御協力をお願いします。また、駐車場はございませんので公共交通機関をご利用し、お越しください。

 

3つの線路を紹介する動画がアップされましたので、ご覧ください。