3月16日(木曜日)に開催いたしました、「多度地区小中一貫校多機能複合化事業基本構想・基本計画策定支援業務」に関する公募型プロポーザルの審査委員会において、参加表明のあった4事業者のうち、「共同設計・教育環境研究所設計共同体」を最優秀提案者に選定し、優先交渉権者に決定しました。
 

 1.業務の名称

 多度地区小中一貫校多機能複合化事業基本構想・基本計画策定支援業務 (以下、本業務とします)

2.業務の目的

 桑名市では「多度地区での小中一貫モデル校の整備」を考えるにあたり、まちづくりの観点から義務教育施設である小中一貫校に、行政窓口・社会教育・福祉・スポーツ等といった機能を複合的に有する多世代が交流できるような施設の整備を目指しています。
 今後の本格的な整備・運営の実現に向けて、専門知識や経験・ノウハウを有する民間事業者の的確な助言のもとで、立地要件、施設が有するべき機能及び最適な運営手法等を具体的に示す基本構想を策定するために、策定を支援する事業者の募集を行いました。

3.選定方法

 公募型プロポーザル方式により事業者の選定を行いました。

4.プロポーザル応募事業者数

  4事業者による参加表明がありました。

5.審査方法

 1次審査(提出書類)において要件を満たした4事業者に対し、事業に関連する市職員5名で構成する「本業務公募型プロポーザルの審査委員会」による2次審査を実施し、「本業務公募型プロポーザル選定基準」に基づき、得点の合計点による総合評価方式で審査を行いました。

選定基準 [191KB pdfファイル] 

6.審査結果

 2次審査の結果、4事業者の中から最も得点の高かった、「共同設計・教育環境研究所設計共同体」を最優秀提案者に選定し、優先交渉権者に決定しました。

 なお、他の参加表明を頂きました提案事業者様におかれましては、このプロポーザルに真摯に対応され、貴重なお時間を費やしていただいたこと、また、独自のノウハウによる多彩な提案を頂きましたことに謝意と敬意を表します。

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

 PDF

Adobe Readerをダウンロード>>