桑名市はこんな街

 桑名市は、木曽三川河口に広がる水と緑と歴史が織りなす都市です。
 市の中心市街地は、オフィス、商店街、大規模小売店舗に加え、市民会館、図書館、体育館など公共施設 、高度医療に対応した総合病院、桑名城跡や六華苑といった文化遺産などがバランスよく整っています。
 郊外には、温泉と遊園地からなる複合レジャー施設、アウトレットパークのほか、上げ馬神事の多度大社などの観光資源を有し、年間700万人もの観光入込客数を誇ります。
 都市部のマンションに加え、郊外では住宅団地が整備され、
多様なライフスタイルに応えられる「職住遊近接型」のクオリティーの高い都市空間が構築されています。

桑名市への企業立地のご案内 桑名市への企業立地のご案内
(伊勢湾から眺めた桑名市)            (【六華苑】ジョサイア・コンドル設計 1913年 国指定重要文化財)
 

桑名市周辺の交通概要

 桑名市は、三重県北部に位置し、愛知県と岐阜県に接しています。市内には、高速道路、主要国道、鉄道が縦横に整備され、名古屋や関東、関西方面からのアクセスが良好です。
 現在、周辺地域では、東海環状自動車道、リニア中央新幹線の整備が計画されており、桑名市付近の交通インフラ網は今後さらに充実する見込みです。

(道路)
 高速道路が2本(伊勢湾岸自動車道、東名阪自動車道)が通っており、5ヶ所のインターチェンジが設けられています。また、国道1号、国道23号、国道258号などの幹線道路も通っています。

(鉄道) 
 JR関西本線、近鉄名古屋線、三岐鉄道北勢線、養老鉄道養老線の4本の鉄道が走っています。

桑名市への企業立地のご案内

 

桑名市の産業

 桑名市は、充実した交通網と北伊勢工業用水や電力・ガスなどの産業インフラが十分に確保されております。
 また、ものづくりを中心に目覚しい発展を続けている東海経済圏の中央部にあることから、これまでさまざまな企業の皆様に進出をいただきました。
 本市の産業構造としましては、金属部品加工製造業、鋳造業、鉄工業、半導体製造業、ベアリング・軸受製造業、食品製造業、金型製造業、電子部品・プラスチック部品製造加工業、金型製造業など、多種多様な産業が集積しております。
 桑名市では、近隣自治体と連携した広域的な産業集積にも重点を置いており、多様な産業集積は今後の皆様のビジネス展開にとって、新たなチャンスの創出をもたらすことと信 じております。

桑名市への企業立地のご案内
(【春日神社の青銅鳥居】鋳物製、1667年鋳造、県指定有形文化財)

 

特色ある人材育成

桑名市への企業立地のご案内
(【現場実習の様子】 平成20年度)

 桑名商工会議所では、「デュアルシステム」と呼ばれる独自のインターンシップ事業を行っています。これは、受入企業の開拓と生徒派遣の仲介を商工会議所が一手に担うという画期的な方式で、全国からも注目を集めています。事業開始から現在までに、企業200社、市内の高校2校・中学校6校の制度利用実績をあげています。職場体験という学習効果もさることながら、若年層の地域労働への定着率を高め、地場産業の労働力の活性化に大きな役割を果たしています。

 

 

ワンストップ・サービス

 桑名市への立地をご検討の皆様におかれましては、是非一度、お問い合わせください。新たに立地を検討される皆様を、全庁をあげて、各種機関との連携のもとに、ワンストップ・サービスによりサポートいたします。
 皆様のお越しとお問合わせを、心よりお待ち申し上げております。