申請が必要な行為

  • 市街化区域内における500平方 メートル以上の開発行為
  • 市街化調整区域における開発行為(規模を問いません。)
  • 都市計画区域外における 10,000平方メートル以上の開発行為
  • 都市計画区域外における3,000平方メートル以上10,000平方メートル未満の開発行為(三重県宅地開発事業の基準に関する条例による。)

開発行為とは

都市計画法第4条に「主として建築物の建築又は特定工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更をいう。」と記載されています。
また、建築物とは建築基準法に定める建築物のこと、建築とは建築物の新築、増築、改築、又は移転のこと、特定工作物には第1種特定工作物と第2種特定工作物があります。
これら建築物・特定工作物を建築・建設する目的で行う、土地の区画形質の変更を行うことを開発行為といいます。

開発許可申請について

事業者は、申請が必要な開発行為を行う前に市長宛に開発許可申請を提出して許可を取得後でなければ工事を行うことができません。また、「桑名市開発行為に関する指導要綱」により開発許可申請を提出する前に指導要綱に基づく手続きが必要となります。

手続きの流れは、次のとおりとなります。

開発行為に関すること

開発許可申請は、技術基準と立地基準が審査されます。(法第33条、法第34条)技術基準は、総ての開発許可申請について審査されますが、立地基準は、市街化調整区域内において行われるもののみ対象となります。

開発許可取得後、完了までに次のことを行う場合に申請(届出) が必要となります。

  • 工事着手届出書(開発工事を行う前)
  • 開発行為に関する工事の廃止届出書(開発工事を廃止する場合)
  • 建築承認申請書(開発工事が完了する前に建築 工事を行う場合)
  • 地位承継届出(申請)書(開発申請者が変更となる場合)
  • 開発変更届(許可申請書) (開発許可の内容を変更したい場合)
  • 工事完了届出書(開発工事が完了した場合)

また、完了後に予 定建築物を変更する場合等申請が必要となる場合があります。

市内における開発行為の申請先について

市内での開発 許認可等の審査機関は桑名市で行います。
また、三重県宅地開発事業の基準に関する条例に基づく申請についても審査機関は桑名市となりました。

参考事項