阪神・淡路大震災や東日本大震災などの大地震の際に、谷や沢を埋めたり、傾斜地に盛土された造成宅地において、滑動崩落(盛土全体の地すべり的変動)が生じるなどして、崖崩れや土砂の流出による災害が発生しています。そこで、このような大地震時に滑動崩落が生じるおそれのある大規模盛土造成地を把握するため、三重県内では主に国や県が各市町ごとに変動予測調査(第一次スクリーニング)を実施し、「大規模盛土造成地マップ」を作成しました。

 このマップは大規模盛土造成地を抽出し、おおむねの位置を示したものになりますが、マップに示された箇所が地震発生時に必ずしも危険であるというわけではなく、当該箇所以外であっても大地震時に滑動崩落などが生じるおそれはあります。一人一人が、住んでいる場所や地域のハザード情報を知り、平常時から対策や対応について考え、防災意識を高めることで、いつ起こるかわからない大地震に備えましょう。

 

大規模盛土造成地とは

 盛土造成地には、谷埋め型盛土や腹付け型盛土などがあり、以下のものを「大規模盛土造成地」といいます。

  • 谷埋め型大規模盛土造成地:盛土の面積が3000平方メートル以上
  • 腹付け型大規模盛土造成地:盛土する前の地盤面の水平面に対する角度が20度以上、かつ盛土の高さが5メートル以上 

  三重県(宅地耐震化推進事業について)

 

大規模盛土造成地マップ

  桑名市大規模盛土造成地マップ  

  

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

AdobeReaderをダウンロード>>