教育総務課(きょういくそうむか)

教育総務課では、幼稚園や小中学校のみなさんが安心して学ぶにはどうしたらいいかということなど、教育に関する仕事を専門的に考える『教育委員会』という会の運営や、そこで働いている人たちの給与の計算などの仕事をしています。
また、幼稚園や小中学校で必要なものをそろえたり、こわれたところを直したりして、みなさんが勉強や活動がしやすい環境づくりをしています。

教育総務課(きょういくそうむか)

学校教育課(がっこうきょういくか)
幼稚園や小・中学校に通うための手続きやみなさんの健康や安全にかかわる仕事をする

みなさんが幼稚園や小・中学校に入学するときや引っ越しをして転校するときなどの手続きの仕事をしています。
また、みなさんにおいしい給食を食べてもらえるにはどうしたらよいかを考えたり、給食の材料を注文したりする仕事をしています。また、みなさんが安全に登下校できるように考えたり、学校でケガや病気をする人が増えないように考えたりするなど、健康や安全にかかわる仕事もしています。

指導課(しどうか)
幼稚園や学校の先生が「楽しく、わかりやすい授業」をできるようにお手伝いする

幼稚園や学校の先生が「楽しく、わかりやすい授業」をできるように一緒(いっしょ)に考えたり、みなさんが仲よく安心して学校生活をおくるためにはどうしたらよいかを考えたりするなど、主に先生たちを支える仕事をしています。

教育研究所(きょういくけんきゅうしょ)
幼稚園や学校の先生が「楽しく、わかりやすい授業」をするためにはどうしたらよいか、先生たちの研修会(けんしゅうかい)を開いたり、これからの教育のあり方について研究したりする仕事をしています。ほかにも専門(せんもん)の相談員(そうだんいん)が、みなさんの悩みごとや心配ごとなどの相談を受けています。

人権教育課(じんけんきょういくか)
差別(さべつ)をなくし、みんながほんとうになかよく生活できるようにする

同和教育課は、幼稚園・小・中学校で、一人ひとりの子どもが大切にされ、みなさんがお互いのちがいやよさを認め合って、本当の仲間としてつながり合っていけるように活動しています。

学校やお家で勉強して、いじめや差別をなくしていく力をつける本(同和教育副読本(どうわきょういくふくどくほん)「あゆみ」・人権ノート「太陽」)をつくって、市内の子どもたちに届けています。
いじめや差別に対する思いを表した作文・ポスター・標語(ひょうご)の募集(ぼしゅう)を行い、その発表会(人権を考える意見発表会)を開催したり、作品集(「なかま」)としてまとめたりしています。
また、市内の子どもたちが、自分たちの学級の問題やいじめや差別をなくしていくにはどうするかを語り合う「人権フォーラム」を開催しています。

同和教育課(どうわきょういくか)  同和教育課(どうわきょういくか)