防災・危機管理課(ぼうさい・ききかんりか)
災害が起こったときに困っている人を助けたり、災害の被害を小さくできるよう、前もって準備しておく仕事をする

地震(じしん)や台風などの災害が起きたとき、市は災害対策本部(さいがいたいさくほんぶ)を作り、職員を集めて困っている人、危険(きけん)な目にあっている人を助ける活動をします。災害が起きる前でも、災害が発生しそうなときは、みなさんにその危険を知らせ、避難するよう連絡します。防災・危機管理課は、これらの活動の中心となります。
災害の中でも地震はいつ起こるか分かりませんが、必ず起こるものです。災害が身近にせまっていなくても、前もって準備しておくことは、被害を小さくするためにとても大切なことです。たとえば、地震で家が壊(こわ)れたり家具が倒(たお)れたりすると多くのケガ人が出ますから、壊れたり倒れたりしないようにするお手伝いをしています。また、市内のあちこちで被害が出ると、消防隊などの到着(とうちゃく)が遅れることもありますから、自主防災組織というグループを作ってもらい、災害で困っている人や友だちを助けるための練習や勉強をしてもらうことも、防災・危機管理課の仕事の一つです。

→防災対策について、みんなで考えてみよう

生活安全対策室(せいかつあんぜんたいさくしつ)

みんなを危険なことから守るための対策を考え、危険なことが起きたときの情報集めをしている。

 

危険な事故が起こらないように、もしものことをいつも考えて、もし事故が起こってしまったときはすばやく動いて被害(ひがい)をできるだけ小さくするのが安全対策室の仕事です。
いつもはみなさんが安全で安心して暮らせるために、警察署(けいさつしょ)やみなさんのお父さん、お母さんと協力して生活安全や、交通安全の運動をしています。危機管理課には生活安全指導員がいて、平日は毎日パトカーに乗って市内をパトロールしています。
また、駅前に無断(むだん)で停(と)めてある自転車や市内に乗り捨てられている自転車を集めて持ち主に返すこともしています。