消防(しょうぼう)ポンプ車

消火栓(しょうかせん)、プール、川(かわ)などから水(みず)をすい上(あ)げ、消火活動(しょうかかつどう)をします。水(みず)に消火薬剤(しょうかやくざい)を混(ま)ぜて、少(すく)ない水(みず)で火(ひ)を消(け)すことができる消防(しょうぼう)ポンプ車(しゃ)(CAFS装置付(キャフスそうちつき))もあります。

 

 

水槽付消防(すいそうつきしょうぼう)ポンプ車

水(みず)をつんでいる消防(しょうぼう)ポンプ車(しゃ)です。火事(かじ)の現場(げんば)に着(つ)いたら、つんである水(みず)を使(つか)い、すぐに消火活動(しょうかかつどう)を始(はじ)めることができます。

 

はしご車(しゃ)とくっせつはしご車(しゃ)

ビルやマンションなどの高(たか)い建物(たてもの)の火事(かじ)に出動(しゅつどう)し、すばやくはしごをのばして、にげおくれた人(ひと)をたすけます。また、ポンプ車(しゃ)から水(みず)をもらい、消火活動(しょうかかつどう)をすることもできます。

はしご車

はしご車まっすぐはしごをのばします。
消防署(しょうぼうしょ)には、40メートルの高(たか)さまで届(とど)くはしご車(しゃ)があります。

くっせつはしご車

くっせつはしご車折(お)りたたんだはしごを操作(そうさ)して、空中(くうちゅう)を自由(じゆう)に動(うご)かすことができます。

救助工作車(きゅうじょこうさくしゃ)

火事(かじ)や事故(じこ)などで、にげだせなくなった人(ひと)をたすけるために活躍(かつやく)します。クレーン、ウインチ、照明(しょうめい)などを装備(そうび)しています

化学車(かがくしゃ)

工場(こうじょう)の火事(かじ)などで、水(みず)だけでは消(け)しにくい火事(かじ)がおきたときに出動(しゅつどう)します。泡(あわ)の消化液(しょうかえき)で、火(ひ)を消(け)します。

水槽車

1万(まん)リットルの水(みず)と小型(こがた)のポンプをつんでいます。近(ちか)くに消火栓(しょうかせん)などの水(みず)がない火事(かじ)に出動(しゅつどう)します。

指揮車

火事(かじ)や事故現場(じこげんば)に出動(しゅつどう)して、現場指揮所(げんばしきしょ)をつくります。必要(ひつよう)な情報(じょうほう)を記録(きろく)したり、消防隊(しょうぼうたい)と連絡(れんらく)をとる道具(どうぐ)などをつんでいます。

救急車(きゅうきゅうしゃ)

火事(かじ)や交通事故(こうつうじこ)などでけがをした人(ひと)や急(きゅう)に病気(びょうき)になった人(ひと)を応急手当(おうきゅうてあて)をしながら、すばやく病院(びょういん)へ運(はこ)びます。