固定資産税-家屋を新築・増築・取り壊しされた方へ

現在、平成29年中に新増築された家屋について、税務課固定資産税係家屋担当調査員による訪問調査を実施しています。
この調査は、固定資産税評価額を算出するための重要な調査です。
調査員が家屋の完成後に「固定資産評価補助員証」を提示してお伺いしますので、身分証をご確認のうえ、建築図面、建物内部の確認などにご協力いただきますようお願いします。

家屋完成後、引っ越し前に家屋調査をご希望される場合はご連絡ください。

 

また家屋を取り壊されたときは、税務課固定資産税係へご連絡いただき、「既存建物取壊申請書」を提出してください。

提出がない場合、取壊しの把握が完全にできないことがあるため、翌年度以降も固定資産税が課税される場合がありますのでご留意ください。