桑名市要援護者台帳登録のご案内 

 市では、災害が発生したときに、すばやい対応が困難な高齢者や障害のある方の避難を、地域の支援者に手助けしていただくため、「要援護者台帳登録」の希望者を募集します。

 「要援護者台帳」とは、地域で情報を共有し、支え合うことで高齢者や障害のある方が安心して暮らせるまちづくりを実現しようとするための基になるものです。

1.要援護者とは

 災害時に、危険を察知したり、状況を判断したりすることが困難な方、障害や体力の衰えにより自力で避難することが困難な方をいいます。

 具体的には、次のような方などが該当します。

 (施設や病院などに長期入所・入院されている方は対象になりません)

  • 65歳以上のひとり暮らしの方
  • 65歳以上のみの世帯の方
  • 身体障害者手帳をお持ちの方
  • 療育手帳をお持ちの方
  • 精神保健福祉手帳をお持ちの方
  • 上記に準ずる状態の方など

(日常生活で介助が必要とされる方、介助が必要な方がみえる世帯など)

2.登録された方には ・・・

(1)平常時には・・・

 いざというときに的確な支援が行えるよう、 要援護者の個人情報が地域の支援協力者(地域包括支援センター、民生委員児童委員、社会福祉協議会や自治会、自主防災組織など)に提供され、この情報をもとに、日頃からの 見守り・声かけなどを行います。

(2)災害時には・・・

 地域の支援者などが次のような支援を行います。

  • 避難勧告など災害情報を伝えます。
  • 安否の確認を行います。
  • 避難場所への付き添いや介助を行います。
  • 避難所での配慮(避難生活への手助けや相談対応)など

 ●災害の状況によっては支援者の方が被災されることもあり、支援を受けられない場合があります。また、支援者の方にも「できる範囲での支援」をお願いするものであり、責任を負わせるものではありません。自分でできる災害時の備えもお願いします。

●支援の内容は、お住まいの地域により異なります。ご了承ください。

登録申請書で提供していただいた情報は、行政及び支援協力者の内部で適正に管理し、災害時に際しての地域の支援以外の目的には使用しません。 

3.登録を希望する方は・・・

 登録申請書に必要事項を記入の上、市役所又は地域包括支援センターの窓口に直接、郵送、持参してください。(申請書は、下記の窓口にあります。また、下記からもダウンロードできます。)

市役所1階 介護・高齢福祉課、障害福祉課

多度町・長島町総合支所 住民福祉課、各地区市民センター

桑名市(中央・東部・西部・南部・北部)地域包括支援センター

担当

介護・高齢福祉課 電話 0594‐24‐1489
中央地域包括支援センター 電話 0594‐24‐5104
障害福祉課 電話 0594‐24‐1171

桑名市要援護者台帳登録申請書 [121KB docファイル] 

桑名市要援護者台帳内容変更申請書 [46KB docファイル]