桑名市初出展、東京虎ノ門において「旅するマーケット」2018夏・秋の章が始まります。

 「旅するマーケット」は、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて注目が高まる東京から日本各地に魅力を発信し、観光振興と地域活性化を目指す事業です。

 その事業の中で、オリンピック・パラリンピックでシンボルストリートとなる「新虎通り」で、地域の食材を利用した料理を食べることができる「旅するスタンド」を鈴鹿市・菰野町と共同でオープンさせます。お店では、新しく開発したメニューを味わっていただけます。

 

事業名  

 旅するマーケット2018夏・秋の章

主催 

 2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長連合 加盟570団体

 会長 國定勇人(新潟県三条市長) 

期間

 平成30年7月3日(火曜日) ~ 平成30年12月28日(金曜日)

 

店舗名

 旅するスタンド「三重大衆酒場 ヒルコメ・ヨルサケ 北勢」

 11:30~15:00・17:30~22:00(土日祝11:30~19:00)

 定休日:日曜日(月曜日が祝日の場合は、日曜営業、月曜休業)

 ホームページ:https://www.tabisuru-market.jp/exhibitor/ 

    

桑名産利用食材

 ハマグリ・はまぐりスープの素・トマト・志ぐれたまり・

 焼き海苔・タケノコの水煮・はちみつ・もち小麦・そうめん

 地ビール・地酒・みかんジュース など

メニュー

 ・北勢定食

 ・タケノコのアヒージョ

 ・九華はちみつパンケーキ

 ・アマリコトマトの冷製パスタ

 ・蒸し焼きはまぐり

   など(季節により変わります)