救急医療情報キットとは

 救急時に必要な情報(かかりつけ医、服薬内容、緊急連絡先など)を記載したカードを円筒形の容器に入れ、自宅の冷蔵庫に保管しておきます。万一の際に駆けつけた救急隊員が冷蔵庫から取り出し、キットの中の情報を適切な救急医療活動のために活用します。

救急医療情報キットの作成方法

 1.筒状の容器(蓋付き)とマグネットシートを準備し、容器の側面と蓋に下記より                                                               印刷した(1)容器側面用と(2)容器蓋用を、マグネットシートに(3)冷蔵庫用を                                                                 それぞれ切り取りテープ等で貼り付けます。    

          マグネットシート     貼付用紙      筒状の容器
 
   2.容器の中に以下の(1)~(5)を入れ、冷蔵庫に保管します。
  (1)救急医療情報カード(下記より印刷し記入したもの)
  (2)写真(本人確認ができるもの)
  (3)健康保険証(写)
  (4)診察券(写)
  (5)薬剤情報提供書(写)・お薬手帳(写)
 
 
   
   3.マグネットシートに(3)冷蔵庫用を貼り付けたステッカーをキットが冷蔵庫に                                                                    収納されていることを救急隊が発見しやすいように貼り付けてください。
 
 
 
    ダウンロード
 

救急医療情報キットをご利用にあたっては、以下の点をご了解ください。

 ●救急医療情報キットは、救急隊が救急活動に必要と判断した場合に活用いたします。                                                  そのため、救急医療情報キットの保持者であることが分かっている場合でも、その救急                                                  活動によっては活用されない場合があります。 

 ●救急活動において、搬送先の医療機関を決める場合、本人の状態によっては、救急                                                      医療情報キットに記載された「かかりつけ医療機関」に搬送されない場合があります。                                                  また、「救急隊への伝言」についても必ずしも、その伝言を実行できるものではありません。

 

 ※従前の救急医療情報キットの在庫がいくらかございますので、市内にお住まいの                                                           65歳以上のご希望の方にお渡しします。                                                                                                                       なくなり次第終了とさせていただきますので、ご了承ください。

 ※益世地区にお住まいの方は、「益世支え愛の会」で救急医療情報キットの                                                                     作成・普及活動を行っていますので、お問い合わせください。

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

AdobeReaderをダウンロード>>