社会環境が急速に変化していく中で、新しい技術により移動課題を解決し、誰もが移動しやすく持続可能な交通体系の構築を図るため、自動運転実証実験を実施します。自動運転の走行中、ゴーグルを装着し、現実世界を仮想現実に置きかえて、まちの観光案内を楽しむことができます。

 また、桑名市では、令和3年3月の「ゼロカーボンシティ宣言」を契機に、脱炭素社会の実現に向けた取り組みを進めています。脱炭素社会の実現に向けた取組を実際に体験できるイベントを開催します。

 ぜひご参加ください。

 イベントチラシはこちら [3219KB pdfファイル]   

 

自動運転実証実験について 

 1 体験日

令和4年2月9日(水曜日)から13日(日曜日)まで 

 2月9日:午後1時50分から午後5時まで (8便)

 2月10日から13日:午前9時から午後5時まで (18便)

 ※乗車時間は、20分程度

 

2 走行ルート

桑名駅東口バスロータリー ~ 柿安コミュニティパーク駐車場(往復)

 

3 募集定員

60人程度(1便あたり上限2人)

※応募者多数の場合は抽選となります。 

 抽選結果は当選通知をもって、代えさせていただきます。

 

4 募集要件

市内在住または在勤・在学の中学生以上(身長140cm以上)の方

※安全上の都合により、車椅子でのご試乗はできません。

 

5 応募方法

下記応募用紙の応募要項をご確認の上、必要事項をご記入いただき、FAXまたはメールのいずれかの方法でお申し込みください。

応募用紙(PDF) [473KB pdfファイル]  

応募用紙(Word) [17KB docxファイル]   

【FAX】0594-24-1412

【メール】maasm@city.kuwana.lg.jp

 

6 応募締切

 令和4年1月19日(水曜日)午後5時必着

 

7 注意事項

当日の荒天等や今後の新型コロナウイルス感染拡大状況により、やむを得ず中止にする場合があります。

中止が決定した場合は、桑名市ホームページにてお知らせします。

安心してご参加いただけるよう、消毒液の設置やマスク着用等の新型コロナウイルス感染症予防対策を実施します。

 
 

桑名市ゼロカーボンフェアの開催について 

1 開催日時

 令和4年2月9日(水曜日)から13日(日曜日)まで 

 2月9日:午前10時から午後5時まで

 2月10日から13日:午前9時から午後5時まで

 

2 開催内容(予定)

・燃料電池バス「SORA」試乗会

・トヨタ自動車株式会社:燃料電池車MIRAI展示会、防災給電デモ、小型モビリティの展示

・NTN株式会社:N3 エヌキューブによる再エネ活用の紹介

・荏原環境プラント株式会社:ごみを活用したエネルギー循環の紹介

・木曽岬メガソーラー株式会社:地元活性化を目指した大規模太陽光発電の紹介

・パナソニック株式会社:Panasonicとゼロカーボン社会を学ぶ

・丸紅株式会社:環境に負荷をかけない「循環型食器」

・株式会社大垣共立銀行:移動型店舗の紹介

※実施内容や開催日が限定されるものがありますので、イベントチラシ [3219KB pdfファイル]   をご覧ください。

 

3 その他

・申込み、参加費不要

・直接、柿安コミュニティパーク駐車場にお越しください。

・お車でお越しの方は、市民プール駐車場をご利用ください。

・桑名駅東口バスロータリーから、燃料電池バス「SORA」でお越しいただくこともできます。 

 

イベントに関するお問い合わせ先

桑名市役所 市長公室 MaaS推進室   TEL:0594-24-1425

      総務部 グリーン資産創造課 TEL:0594-24-1217 

 
 

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

AdobeReaderをダウンロード>>