平成25年度に国の小児等在宅医療拠点事業に三重県が採択され、桑名地域が三重県のモデル地域に指定されました。

モデル事業で設置された「桑名地域小児在宅医療検討委員会」による検討の結果、小児在宅医療の推進には、医療、福祉、教育、保健等の関係者によるネットワーク組織が必要と考えられ、今回、その検討結果に基づき桑員地域における在宅で、医療的ケアが必要なお子さんを支援するネットワークの設立記念講演会を開催し、ネットワークに参加していただける方を募集しました。

○講演会の参加人数:約120人

○ネットワーク参加希望者:23人(アンケートによる)

 ※平成27年8月9日(日曜日)第1回会議開催

  

当日の様子

○市長挨拶

市長挨拶

 

○ネットワーク設立に向けて

 講師 近藤 久(こんどう ひさし)氏 桑名地域小児在宅医療検討委員会委員長・近藤小児科医院 院長

桑員地域の小児在宅医療と地域のネットワークづくりについて [777KB pdfファイル]  

 

○特別講演

 講師 戸枝 陽基(とえだ ひろもと)氏 社会福祉法人むそう 理事長

 「高度医療依存児・者」の地域包括ケア ~東京・愛知での社会福祉法人むそうの実践から~

講師写真