住民票、マイナンバーカード等に旧姓(旧氏)併記ができるようになります。

令和元年11月5日から住民票、マイナンバーカード及び公的個人認証用の署名用電子証明書への旧氏併記の制度が開始されます。

希望される方は旧氏が記載された戸籍謄本または除籍謄本を添えて下記の窓口にて請求手続きを行ってください。

 これにより、婚姻等で氏に変更があった場合でも、いままで称してきた氏を住民票やマイナンバーカード等に旧氏として併記し、公証することができるようになります。(※ 旧姓併記後は、住民票の「旧氏」欄に旧姓が常に記載されます。)

 

 

 

 

詳しくは旧氏併記に関する総務省ホームページをご覧ください。

 <総務省ホームページ>

 

請求場所

・桑名市役所 戸籍・住民登録課

・多度地区市民センター、長島地区市民センター、大山田地区市民センター

・サテライトオフィス(休館日を除く平日の10:00~17:15まで)

 

ご用意いただくもの

・本人確認書類

・旧氏が記載された戸籍謄本等

(併記したい旧氏から現在の氏に至るまで、一連の戸籍をすべてご用意ください)