更新日: 2023年4月7日

ここから本文です。

「修徳地区ゾーン30プラス」効果検証報告について

市内の交通安全対策の一つとして、令和4年9月9日に県下初の「ゾーン30プラス」の整備を行いました。ゾーン30プラスは、区域内すべてにおいて、最高速度30km/hの速度規制にプラスして物理的デバイスを設けることにより、さらに通過車両の速度抑制や通り抜けとして通行する車両の減少等の効果を図る交通安全対策となっています。供用開始から6カ月あまり経過した修徳地区のゾーン30プラスの効果検証は下記のとおりです。

「ゾーン30プラス」の整備による効果検証結果(三重県桑名市修徳地区)(PDF:498KB)

ゾーン30プラスの整備につきましては、地域の皆さまのご理解とご協力が必須となっており、区域内の速度規制並びに一方通行・時間帯規制等や既存道路に物理的デバイスの設置について、桑名警察署および桑名市役所アセットマネジメント課・教育委員会に要望書の提出が必要となります。

物理的デバイス:交差点ハンプ・横断歩道ハンプ・狭さく・ライジングボラード(進入抑制通行規制)等

 

 

お問い合わせ

都市整備部 アセットマネジメント課

電話番号:0594-24-1213

ファックス番号:0594-23-4115

トップページ > 安全・安心 > 防犯・交通安全 > 交通安全 > 「修徳地区ゾーン30プラス」効果検証報告について