更新日: 2022年9月7日

ここから本文です。

【博物館】秋季企画展「秋、ものや想ふ」のご案内

入館時のお願い

  • 過去2週間以内に発熱や感冒症状で受診や服薬等をした方、または感染拡大している地域や国への訪問歴がある方は入館をご遠慮ください。
  • 体調不良の方は入館をご遠慮ください。なお、入館時に体温測定のうえ、入館をお断りする場合がございます。
  • マスクの持参・着用をお願いいたします。
  • 作品、展示ケース、壁などに触れないようにしてください。また手洗いにもご協力をお願いいたします。
  • 館内での会話は最小限にしてください。
  • ご鑑賞の際、他の方と近づきすぎないようご注意ください。
  • 館内の混雑状況によって入館制限を行う場合がございます。

秋季企画展「秋、ものや想ふ―中世もののふ物語をそえて―」

/images/9442/akimonoposter.jpg

会期:令和4年(2022)9月10日(土曜日)~10月10日(月曜日・祝日)

場所:桑名市博物館

開館時間:午前9時30分から午後5時まで(入館は閉館の30分前)
休館日:毎週月曜日※9月19日・10月10日は祝日のため開館、翌日火曜日休館、10月11日~10月21日は展示入替のため休館

入館料:大人[高校生以上]150円、中学生以下無料
※20名以上の団体は1人70円
※障害者手帳を提示の方は、本人およびその同伴者合わせて2名まで無料

 

秋はもの思う季節と昔から言われていますが、今回の展示では紅葉と月を取り上げます。
特に月を眺めてもの想う事は古代から変わらず、万葉集の昔から多くの名歌が生まれています。優秀ゆえに帰国出来ず遠く唐の都から大和を偲んだ阿部仲麻呂を描いた「望郷図」や月明りに見える故郷の道に想いを馳せる「いつか来た道」などをお楽しみ下さい。
また、戦の多かった中世はもののふに関する物語の宝庫です。平家物語や北条時頼・曽我兄弟などの逸話を題材にした絵画を展示します。

 

「秋、ものや想ふ―中世もののふ物語をそえて―」主な出品作品
・田渕俊夫《いつか来た道》(個人蔵)
・伊藤鷺城《望郷図》(桑名市博物館蔵)
・梶田半古《曽我兄弟》(桑名市博物館蔵) 約63点

 

「北村けんじ―ぼくがサムライになった日―」主な出品作品

児童文学作家であった北村けんじの文学作品を通じて、彼の作家としての人物像をご紹介いたします。

北村けんじ『ぼくがサムライになった日』(金の星社、1983年)

北村けんじ『うりんこの山』(理論社、1968年) など約20点

 

「刀剣セレクション3―四日市市立博物館所蔵刀剣より主な出品作品

四日市市立博物館の刀剣コレクションのうち、桑名初出品の刀剣を中心に三重県ゆかりの作品を選りすぐり、ご紹介いたします。
・《刀 銘 河内守国助》※桑名初出品
・《脇差 銘 石見守国助》※桑名初出品
・三重県指定文化財《短刀 銘 藤正》 計6点

 

関連イベント:桑名市博物館・桑名市立中央図書館連携事業

セミナー「北村けんじの児童文学観」
日時:令和4年9月17日(土曜日)午後1時30分から3時
会場:くわなメディアライヴ2階 第1会議室(三重県桑名市中央町3丁目79)
講師:川端蒼海(桑名市博物館)
受講料:無料

定員:50名(先着順)

申込:9月10日(土曜日)10時30分より受付開始

申込方法:桑名市立中央図書館へ電話(0594-22-0562)

 

セミナー「秋の夜長の物語-中世の逸話-」
日時:令和4年10月1日(土曜日)午後1時30分から3時
会場:くわなメディアライヴ2階 第1会議室(三重県桑名市中央町3丁目79)
講師:大塚由良美(桑名市博物館歴史専門官)
受講料:無料

定員:50名(先着順)

申込:9月22日(木曜日)10時30分より受付開始

申込方法:桑名市立中央図書館へ電話(0594-22-0562)

 

関連展示

企画展示「北村けんじー少年 ことば 川ー」
期間:令和4年9月10日(土曜日)~10月21日(金曜日)
内容:児童文学作家北村けんじの直筆原稿、色紙と、関連書籍の展示を行います。関連書籍は閲覧、貸出が可能です。
場所:ふるさと多度文学館1階(桑名市多度町多度二丁目24番地1)

お問い合わせ

市長公室 ブランド推進課(博物館)

電話番号:0594-21-3171

ファックス番号:0594-21-3173

トップページ > 文化・観光・スポーツ > 文化施設 > 博物館 > 【博物館】秋季企画展「秋、ものや想ふ」のご案内