更新日: 2022年3月25日

ここから本文です。

風しんの抗体検査・予防接種の実施期間が延長されました

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性は、公的な予防接種を受ける機会がなかったため、抗体保有率が他の世代より低くなっています。

この世代の男性に風しんへの抵抗力(免疫)をつけていただくため、令和7年3月31日までは、無料で抗体検査(血液検査)・予防接種(十分な量の抗体がない方のみ)を受けることができます。

風しんの追加的対策を実施する理由

風しんは、感染者の飛まつ(唾液のしぶき)などによって、他の人にうつる、感染力が強い感染症です。
自覚症状が少ないため、電車や職場など人が集まる場所で、気づかないうちに多くの人にうつしてしまう可能性があります。
妊娠早期の妊婦さんが風しんに感染すると、赤ちゃんが先天性風しん症候群(眼や耳、心臓に障害がでること)になる可能性があります。
大人になって感染すると、無症状〜軽症のことが多いですが、まれに重篤な合併症を併発することがあります。
感染の拡大を防ぐためには、社会全体が免疫を持つことが重要です。

対象者

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性で、令和元年度以降にクーポン券を使用して抗体検査・予防接種を受けたことがない方。

注意点

すでに配布しているクーポン券の有効期限が令和4年3月末で切れるため、4月以降は使えません。

令和4年4月以降は新クーポン券を使用してください。新クーポン券は令和4年4月末頃に送付します。

4月中にクーポン券の利用を希望される方は、保健医療課窓口でお手続きできます。

実施期間

令和7年3月31日まで

自己負担

無料

抗体検査・予防接種の流れ

(1)市からクーポン券を受け取ります。

(2)医療機関によっては、予約が必要な場合があります。

  • 健康診断と同時に実施できることもありますので、事前に医療機関へお問い合わせください。

(3)抗体検査を受けます。(クーポン券、本人確認書類を持参)

(4)抗体検査の結果を確認します。

  • 抗体検査の結果の確認方法は、医療機関によって異なります。

(5)十分な量の抗体がなかった場合は、予防接種を受けます。(クーポン券、抗体検査の結果、本人確認書類を持参)

  • 接種の際は、医療機関へ予約をしてください。
  • ワクチンは乾燥弱毒生麻しん風しん混合(MR)を接種します。

実施医療機関

桑名市内の実施医療機関一覧(PDF:461KB)(PDF:463KB)

市外の場合は、厚生労働省のホームページ「風しんの追加的対策」で検索してください。

風しんの追加的対策について(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

注意事項

1:クーポン券を使用できるのは、抗体検査・予防接種とも1回のみです。令和元年度以降にクーポン券を使用して2回以上実施した場合は、実施費用が全額自己負担となりますので、ご留意ください。
2:平成26年4月以降の「風しん抗体なし」の結果のある方は、クーポン券と合わせて医療機関へ持参し、予防接種を受けてください。
3:クーポン券は、桑名市に住民票のある場合のみ有効です。桑名市外へ転出された場合は、転出先の市区町村へお問い合わせください。

クーポン券の再発行

紛失、あるいは他市町村から転入されてきた場合は、クーポン券の再発行が必要です。

下記1.2.3.のいずれかの方法で申請してください。

1.来所の場合

桑名市役所2階保健医療課の窓口へ来所し、手続きをしてください。

その場で、クーポン券をお渡しします。お手続きは、ご家族の方でも構いません。

2.オンライン申請の場合(入力フォームに直接入力し、申請できます。)

下記申請書入力フォームに必要事項を入力して送信してください。

申請受付後、ご自宅にクーポン券を郵送します。

申請書入力フォーム(外部サイトへリンク)

3.郵送の場合

交付申請書(PDF:134KB)または、はがきに必要事項を記入して保健医療課宛に郵送してください。

到着後、クーポン券をお送りします。

はがきの場合は、「住所」「氏名」「生年月日」「つながりやすい電話番号」「風しん追加的対策クーポン希望」「希望するクーポン券の種別(抗体検査・予防接種または予防接種のみ)」を記入してください。

送付先:桑名市役所保健医療課行(〒511−8601桑名市中央町二丁目37番地)

お問い合わせ

保健福祉部 保健医療課

健康長寿増進係

電話番号:0594-24-1182

ファックス番号:0594-24-3032

トップページ > 健康・医療・福祉 > 健康 > 予防接種(成人・高齢者) > 風しんの抗体検査・予防接種の実施期間が延長されました