更新日: 2022年11月1日

ここから本文です。

令和4年度桑名市がん検診のお知らせ

新着情報

  • その他:お知らせ(令和4年7月29日更新)

「乳がん手術等の傷あとをカバーする専用入浴着の着用にご理解をお願いします。」(外部サイトへリンク)

  • 病院で受けるがん検診(大腸がん、子宮がん)の受診券を対象の方へ送付しました。(令和4年7月1日更新)
  • バスで受けるがん検診は申し込み者多数のため、追加募集は実施しません。(令和4年7月1日更新)

令和4年度の結核健診について

結核健診を希望される65歳以上の桑名市民の方は下記(1)(2)のいずれかの方法で申し込んでください。

なお、すでに結核健診を申込み済の方、令和4年度中に65歳になる方、令和3年度に結核健診を受診した方には

7月上旬に受診票をお送りしております。

(1)保健医療課窓口

各種健(検)診受診券交付申請書』を記入していただきましたら、即時発行します。代理の方が申請することもできます。

(2)インターネット

下記『各種健(検)診受診券交付申請書』入力フォームに必要事項を入力して送信してください。

申請受付後、ご自宅に受診券を郵送します。

申請書の入力フォーム

各種健(検)診受診券交付申請書(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

QRコード

QRコード

がん検診の目的、実施内容

がん検診の目的は症状が出る前のがんを発見して早期に適切な治療を行うことで、がんによる死亡リスクを減らすことです。

桑名市では下記のがん検診などを実施しています。病院とバスで受けられるがん検診の種類・場所・金額などが異なります。ご自身に合わせて選択し、受診してください。

検査の結果が要精密検査となった場合は、がんかそうでないか確かめる必要があります。検診結果で精密検査になった場合は必ず精密検査を受けましょう。

がん検診の種類

65歳以上の方の結核健診

 

バス検診(集団検診)

決められた日時・場所に集まり、検診車(バス)等で行う検診を実施しています。

バス検診をご希望の方は、《バス検診の検査方法および検診料などについての詳細バス検診の検査方法および検診料などについての詳細》の対象年齢、検査内容、金額などをご確認の上、下記の申し込み方法にてお申し込みください。

お申し込みいただいた方には6月〜8月末頃に受診票を順次、お送りします。

令和4年度バス検診(結核含む)日程表(インターネットでの申し込みの方は日時指定が可能です)(PDF:120KB)

バス検診の検査方法および検診料などについての詳細(PDF:253KB)(別ウィンドウで開きます)

バス検診会場の地図(PDF:962KB)(別ウィンドウで開きます)を参考に、ご確認ください。

バス検診の申し込み方法

下記のどちらかでお申し込みください。申込期間は、3月1日(火曜日)から4月22日(金曜日)までです。

(1)インターネットで申し込み

予約サイトQRコード

  1. パソコン(申し込み画面(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます))もしくは、スマートフォンなどで二次元バーコードから予約サイトにアクセスして予約します。
  2. 登録したメールアドレスにメールが届き、仮予約となります
  3. 担当課が確認後に、申込完了のメールが届きます。

インターネットで予約された方は、ご自身で予約内容の確認や変更ができます。

申込期間終了後は、操作ができなくなります。ご注意ください。

(2)バス検診申込書で申し込み

『広報くわな3月号』に申込書(はがき)があります。そちらをご活用ください。

病院検診(大腸がん・子宮がん検診)

実施期間内に、市内指定医療機関で行うがん検診を実施しています。
申し込み不要。対象者には、6月末に受診券を郵送します。
(バス検診で同じ種類の検診を申し込んだ人には、病院検診受診券は郵送されません。)

【実施期間】令和4年7月1日から令和4年11月30日

【実施方法】実施医療機関一覧から受診したい機関を選び、実施期間内に受診してください。

【実施医療機関】実施医療機関一覧(PDF:351KB)

事前に医療機関に予約が必要な場合があります。

がん検診の種類 受診間隔 対象年齢 費用 検査項目
大腸がん 1年に1回

40歳以上(男女)

1,000円

問診、便潜血検査

(免疫便潜血二日法)

子宮がん

(頸部のみ)

2年に1回

20歳以上(女性)

1,500円 問診、視診、内診、細胞診

子宮がん

(頸部と体部)

20歳以上(女性)

医師が体部がん検診も

必要と判断した人

3,000円

問診、視診、内診

細胞診(体部は子宮内膜細胞診)

病院検診(無料クーポン券)

特定の年齢の方を対象に、市内指定医療機関で子宮頸がん・乳がん無料検診を実施しています。
申し込み不要。対象者には、6月末にクーポン券を郵送します。

【実施期間】令和4年7月1日~令和5年1月31日

【実施方法】指定医療機関またはバス検診(事前申し込みした人)で受診してください。

事前に医療機関へ予約が必要な場合があります。

子宮頸がん検診無料クーポン対象者
年齢 生年月日
20歳 平成13年4月2日~平成14年4月1日生まれ

 

乳がん検診(マンモグラフィ検査)無料クーポン対象者
年齢 生年月日
40歳 昭和56年4月2日~昭和57年4月1日生まれ

がん検診のメリットデメリット

※自覚症状がある人は検診を待たずに早期に受診しましょう。

  • 「検診」と「診療」は対象や目的が違います。
「検診」と「診療」の違い
検診

診療

  • 自覚症状のない人が対象
  • 病気の可能性は低い
  • 見つかるがんは多くが早期がん
  • 症状があり、困っている人が対象
  • 病気が発見される可能性が高い
がん検診のメリットとデメリット
メリット デメリット
  • がんを早期発見し、早期治療をして、亡くなることを防ぐ
  • がん検診で「異常なし」と判定された場合、安心が得られる
  • がん検診でがんが100%見つかるというわけではない
  • 結果的に不必要な治療や検査を受けてしまうことになる可能性もある
  • 過剰診断
  • 検査によって身体に負担がかかってしまうことがある

がん検診はメリットだけでなく、デメリットもあります。

デメリットが大きくならないように国の指針に基づき、対象となる年齢や受診間隔が決まっています。

「国の指針」とは「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」のことを指します。

コロナウイルス感染症拡大の影響について

がんを早期発見するためには、自覚症状がないうちから、がん検診を定期的に受けることが大切です。

コロナ禍でも安心してがん検診を受診していただくために、下記のことをお願いしております。

  • 体調が悪い場合は、受診を見合わせてください。また、受診にあたり、不安がある場合は、かかりつけ医にご相談ください。
  • マスクの着用や手洗いなど、ご自身でできる感染予防を行ってください。
  • 検診で集団感染が発生した場合、保健所へ個人情報を提供する場合があります。受診をもって同意したとみなします。
    ※感染症の流行状況等により、やむを得ず実施内容が変更になる場合があります。
  • 検診をスムーズに行うことで『3密』を避けることができます。
  • バス検診・結核健診は、開始時間に混雑する傾向があります。
    ご都合により、割り当てられた検診時間に受診できない場合は、検診終了時間までに受診してください。

費用が免除になる方

  • 市民税非課税世帯・生活保護世帯の人は無料。
  • 桑名市国民健康保険加入者は、検診当日に健康保険証を提示することで無料。
  • 無料クーポン券対象の人は、無料クーポン券を提示することで無料(クーポン有効期限内のみ)。

※検診を受けた後に費用の免除・返金はできませんのでご注意ください。

受診券の再交付について

受診券を紛失された方は、下記のいずれかの方法で再交付の申請を行ってください。

(1)保健医療課窓口

各種健(検)診受診券交付申請書』を記入していただきましたら、即時発行します。

代理の方が申請することもできます。

(2)インターネット

下記『各種健(検)診受診券交付申請書』入力フォームに必要事項を入力して送信してください。

申請受付後、ご自宅に受診券を郵送します。

(3)大山田地区市民センター、多度地区市民センター、長島地区市民センター窓口

『各種健(検)診受診券交付申請書』の記入、提出ができます。

保健医療課で申請受付後、ご自宅に受診券を郵送します。

申請書の入力フォーム

『各種健(検)診受診券交付申請書』(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

QRコード

QRコード

お問い合わせ

保健福祉部 保健医療課

健康長寿増進係

電話番号:0594-24-1182

ファックス番号:0594-24-3032

トップページ > 健康・医療・福祉 > 健康 > 健康診査・がん検診 > 令和4年度桑名市がん検診のお知らせ