令和2年中に桑名市内で交通死亡事故が発生することはありませんでした。

年間交通事故死者数が0となるのは、昭和29年(1954年)の統計開始以来初めてのことです。

この記録は、市民のみなさんが高い交通安全意識を持ち、交通ルールを遵守している結果です。

 

交通事故を防ぐためには、一人ひとりが交通ルールを守り、交通マナーを身に付けることが大切です。

引き続き、交通安全に努めていただきますよう、みなさんの一層のご協力をお願いします。

 

桑名市内の交通事故発生状況

(警察統計暫定数)

区分 令和2年 前年比
総件数 3922件 −587件
人身件数 244件 −23件
死者数 0人 −6人
負傷者数 314人 −33人
物損件数 3678件 −564人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 交通死亡事故ゼロ記念植樹式を開催しました

市役所の東玄関前に市の木「ハナミズキ」を植樹しました。

悲惨な事故がゼロの状態が続くことを願い、「永続性」という花言葉を持つハナミズキを選びました。

安全で安心して暮らせる社会実現のため、市としても交通安全対策を推進していきます。

交通事故防止に向けて、みなさんのご協力をお願いします。

植樹式写真 

(左から)桑名警察署長、市長、桑名地区交通安全協会長 令和3年1月15日実施