桑名市城東地区複合施設にかかる指定管理者の候補者選定結果について

 桑名市城東地区複合施設について公募によらず指定管理者の候補となる団体を選定しましたのでお知らせします。
 
施設概要及び指定予定期間
(1)施設名及び所在地    
  (1)桑名市漁業交流センター 桑名市大字赤須賀86番地21
  (2)桑名市城東まちづくり拠点施設  桑名市大字赤須賀86番地21
(2)指定予定期間 令和3年4月1日~令和6年3月31日
選定までのスケジュール
令和2年 8月25日(火曜日) 導入手順配布
令和2年 9月29日(火曜日) 申請書類の提出
令和2年11月4日(水曜日) 選定委員会によるヒアリング、総合審査
選定委員会の構成
委員長 常 清秀 三重大学生物資源学研究科教授
委員 安食 和宏 三重大学人文学部教授
委員 佐久間 紀 公認会計士
委員 山口 俊幸 弁護士
選定方法
公募によらず一つの団体を特定し、選定委員会において当該団体から提出された申請書類の内容等について審査しました。 
指定管理者の候補者
団体名 特定非営利活動法人 赤須賀まちづくり推進協会
代表者名 理事長 星野秀憲 
選定理由
 選定委員会において、申請書類及びヒアリングの内容を選定基準により審査したところ、指定管理者としての業務遂行能力を有するものと判断しましたので候補者として選定しました。 
今後の流れ
 指定管理者の候補者として選定された団体を指定管理者として指定する議案について、令和2年第3回定例会に提出する予定です。当該議案が議会で可決された場合には、同団体が指定管理者として、本施設の管理運営にあたります。
 
 
 桑名市城東地区複合施設指定管理者選定委員会の審査講評
 桑名市城東地区複合施設指定管理者選定委員会は、特定非営利活動法人赤須賀まちづくり推進協会から提出された「城東地区複合施設提案書」とヒアリング内容、さらに過去の実績を慎重に審査した結果、以下のような結論を得た。
 特定非営利活動法人赤須賀まちづくり推進協会による提案書は、桑名市の管理方針と理念に合致し、これまでの経験と蓄積されたノウハウを活かして、今後の運営方針および具体的事業内容を明確に示した現実的な提案書として評価できる。
また、当協会は「桑名のはまぐり」ブランドのPR活動、幅広いまちづくり活動などへの積極的な取り組みを通じて、地域貢献にも努めている。さらに、昨今の新型コロナウイルス感染拡大防止策にも適切な対応をとりながら事業推進にあたっている。
なお、本選定過程において、事業者から提出された提案書の内容、今までの実績およびヒアリングのやり取りなどを通じて、事業者が十分な管理能力を有することと、複合施設の受託に対して、高い熱意と意欲をもっていることも確認できたことを申し添える。
しかし一方で、「漁業交流センター」と「城東まちづくり拠点施設」の両者の良さを活かした一体的管理事業および防災拠点施設としての事業については、具体的な提案と施策の掲示に至らなかった。施設管理運営の一層の効率化を図るために、今後、上記した点への創意工夫と事業化の努力が必要であると同時に、防災に関しては行政との更なる連携を図っていく必要があると考えている。
 以上、本委員会は、いくつかの要望はあるものの、特定非営利活動法人赤須賀まちづくり推進協会が、これまでの実績や高い管理能力と意欲を持ち合わせており、今後の先行き不透明なコロナ禍においても、限られた人的・物的資源のなかで、今後の管理運営を果たすに十分な資格を有するため、桑名市城東地区複合施設指定管理者として適格であると判断した。