公共交通機関の安全・安心対策について(新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた取り組み)

 電車やバス、タクシーなど、市民の移動を支えている公共交通機関。
 新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、公共交通機関の利用者は減少しています。このまま、利用者の減少が進むと、市民の皆さんの日常生活・社会生活の貴重な移動手段である公共交通の維持存続に大きな影響を及ぼします。
 公共交通事業者は、利用者の皆様が安全で、安心して利用できるよう新型コロナウイルス感染症拡大防止の取り組みを実施していますので、公共交通の維持確保のために、感染予防をしながら公共交通機関を利用し、支えていきましょう。
 
公共交通機関における主な感染防止対策
  ・乗務員等のマスク着用
  ・車内の消毒
  ・窓開けや空調装置による車内換気
  ・飛沫感染防止シート等の設置
  ・手洗い、うがい、アルコール消毒などの励行
  ・乗務員の健康管理
 
 
 安心して公共交通を利用するには、利用者の皆さんのご協力も必要です。車内では、マスクを着用し、咳エチケットを心がけるなど、感染予防をお願いします。
利用者の皆さんへのお願い
  ・手洗い、アルコール消毒、うがいの励行をお願いします。
  ・マスクの着用と会話は控えめにするようご協力をお願いします。
  ・車内換気にご理解とご協力をお願いします。
  ・発熱の症状など体調が悪いときは、ご利用の自粛をお願いします。
 
 
 

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

AdobeReaderをダウンロード>>