いつでも どこでも 住民票がスマートフォンで請求できます !

令和3年2月15日【月曜日】 から住民票の写しの請求をスマートフォンで行うことができます。

マイナンバーカードに格納されている公的個人認証サービスを使って、市役所の窓口へ行かなくても24時間、どこからでも請求ができます。

マイナンバーカードによる本人確認とクレジットカードによる手数料の支払いを行い請求が完了すると、住民登録されているご住所に郵送します。

請求できる住民票

市内に住所がある請求者本人または同一世帯の人の住民票の写しに限られます。

発行手数料等  

 発行手数料は1通あたり200円です。(通常、窓口であれば300円)
 発行手数料はクレジット決済で、郵送料(84円)も合わせていただきます。
 ご希望の方は、速達郵便(290円)や特定記録(160円)も加算して、ご負担ください。
 
 ※令和3年3月末まで、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、1回の電子申請で3通まで手数料が無料です。
 ※重量超過により料金が超過した場合、不足分は受取人払いとなります。

到着までの日数

 ご申請をいただいてからお手元に届くまで、1週間ほどかかる場合があります
 お時間には余裕を持って手続きしてください。
 

申請手続きについて

準備物 

(1)マイナンバーカード

  (英数字が混在した6桁以上のパスワード(署名用電子証明書)も必要です)

(2)アカウント登録またはメールやLINEアカウントでログイン

(3)クレジットカード(手数料、郵便料の決済に利用します)

  ブランドは、VISA、Master card、Americanexpress、 JCB、DinersClub

(4)スマートフォンと電子署名アプリ(Graffer Iⅾentity)

  マイナンバーを読み取って、本人確認を行います。

  お持ちのスマートフォンにアプリをインストールしてください。

    

 

アプリを開発している(株)グラファーは、電子署名等に係る地方公共団体情報システム機構の認証業務に関する法律第17条第1項第6号の規定に基づく総務大臣認定事業者(サイバートラスト(株))が提供するプラットフォームサービスを利用して、オンラインでの本人確認サービスを提供している事業者です。

 

  

 申請方法

 以下の、「スマートフォンを利用した住民票の請求」のホームページから申請を行います。
 
 
 操作手順については、以下のPDFをご覧ください。
 
※公的個人認証サービスは、マイナンバーとは違い、オンラインで行政手続を行う際に、他人による「なりすまし」やデータの改ざんを防いで安全・安心に申請や届出を行うために用いられる手段です。
※公的個人認証サービスでは、マイナンバーを扱いません。
  

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

AdobeReaderをダウンロード>>