入館時のお願い

〇過去2週間以内に発熱や感冒症状で受診や服薬等をした方、または感染拡大している地域や国への訪問歴がある方は入館をご遠慮ください。

○令和3年4月26日付 桑名市の「新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を図るための市主催事業等の開催及び貸館基準」に基づき、令和3年5月11日(火曜日)まで、県外からの来館を検討・予定されているお客様は、来館をお控えいただきますようお願いいたします。

〇体調不良の方は入館をご遠慮ください。なお、入館時に体温測定のうえ、入館をお断りする場合がございます。

〇マスクの持参・着用をお願いいたします。

作品、展示ケース、壁などに触れないようにしてください。また手洗いにもご協力をお願いいたします。

〇館内での会話は最小限にしてください。

〇ご鑑賞の際、他の方と近づきすぎないようご注意ください。

〇館内の混雑状況によって入館制限を行う場合がございます。

〇連絡先記入のご協力をお願いしています。密接・密集を避けるため、各自でプリントアウトの上、事前にご記入のうえご持参いただければありがたく存じます。

入館記録および確認書 [95KB pdfファイル] 

入館記録および確認書ワードdocx [19KB docxファイル] 

 【1階展示室】能ある鷹は文化を残す ―松平定信の文化史―

昭和46年(1971)、市内の篤志家から頂戴した資料をもとに、桑名市博物館の前身となる桑名市立文化美術館が開館しました。
桑名藩関係資料や古萬古、茶道具などをはじめとして、コレクションの中心を成したのは、松平定信に関する資料でした。
文政6年(1823)に定信の嫡男定永が白河から桑名へ国替えとなったことから、定信に関するものが多く桑名に伝わり、また、定信が白河に創立した藩校立教館も、桑名に設置されましたので、詩かるたや打毬儀(だきゅうぎ)などの独特な文化も桑名で継承されています。
令和3年(2021)に開館50年をむかえる節目に、定信の没月5月を中心に、定信の業績と、桑名にもたらした文化を振り返る展覧会を開催いたします。
    

松平定信

《酔李白図》(館蔵)

松平定信 

《朱達磨図》(館蔵)

松平定信
《雨中白鷺図》(館蔵)

   

 
 【桑名市指定文化財】岡本茲奘《浴恩園図》個人蔵
 

【2階展示室】越川(えっせん)の文化交流 ―長島藩主増山雪斎と桑名―

桑名と長島は揖斐川や長良川に隔てられていますが、古くから交流も深く、江戸時代にも文化の交わりがありました。
文化人として知られる長島藩主増山雪斎と、長島藩校設立を助けた十時梅厓(とときばいがい)、桑名の文化人魯縞庵義道(ろこうあんぎどう)による、川を越えた3人の文化交流を紹介します。
  

【2階展示室】刀剣コレクションⅠ

館蔵品より、桑名の刀工・村正のほか、江戸時代の刀剣をご紹介いたします。
担当者のオススメは彫刻が見事な「太刀 銘(菊紋)一 山城守藤原国清」と、今回が初公開となる「刀 銘 美平」です。
 

 開催のご案内

  • 会期:令和3年(2021)4月24日(土曜日)から5月30日(日曜日)まで
  • 休館日:毎週月曜日(ただし5月3日は開館)
  • 会場:桑名市博物館1階・2階展示室
  • 開館時間:午前9時30分から午後5時まで(入館は閉館の30分前)
  • 入館料:大人[高校生以上]150円 中学生以下無料 

 

イベントのご案内

 博物館×美術館 ML連携セミナー「松平定信と増山雪斎」のご案内

 日時 5月14日(土曜日)午後1時30分から

 講師 大塚由良美(桑名市博物館歴史専門官)

 会場 くわなメディアライブ2階

 申込 桑名市立中央図書館へお電話(0594-22-0562)にてお申し込みください。 5月1日(土曜日)午前9時より受付開始します。

 

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

AdobeReaderをダウンロード>>