2050年までに本市からの二酸化炭素の排出実質ゼロを目指す「桑名市ゼロカーボンシティ」を宣言しました。

 近年、地球温暖化の影響とみられる異常気象によって、毎年のように地球規模で甚大な災害などが発生しています。そのため、私たちの取巻く環境は大きく変化し、生命や財産を脅かす「気候危機」と言われる状況となっています。

 2015年に合意されたパリ協定では、「産業革命前からの平均気温上昇の幅を2度未満とし、1.5度に抑えるように努力する」との目標が国際的に広く共有され、その実現には2050年までに温室効果ガスの実質排出をゼロにすることが必要とされました。

 市民の命と暮らしを守り、未来を創る子どもたちの為に、ゼロカーボンシティの実現に向けて、市民や民間事業者等と連携し取り取り組んでいきます。
 
ゼロカーボンシティとは
 脱炭素社会の構築に向けて、2050年までに二酸化炭素または温室効果ガスの排出量を実質ゼロにすることを目指す旨を表明した自治体です。
今後の取組み

 産学官金が連携したグリーンIoTラボ・桑名を設立。

 IoTを活用し、再生可能エネルギーの地産地消を始め、市の環境と経済の好循環を生みだす取り組みの推進。

 ゼロカーボンシティの実現に取り組む企業を積極的に誘致。

 

桑名市ゼロカーボンシティ宣言文 [412KB pdfファイル] 

 取組内容 [1942KB pdfファイル] 

 

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

AdobeReaderをダウンロード>>