新しい窓口案内システムは更に便利に!

 
 本庁舎1階の新しい窓口案内システムは、行政情報広告ディスプレイを活用した窓口案内システムで、戸籍 ・ 住民登録課、 税務課、介護高齢課、保険年金室の窓口での手続きが発券機で受付できます。
 
   リニューアルした窓口案内システム      タッチパネル式番号札発券機(6言語に対応)

     

     呼び出し用ディスプレイ     番号札は2枚出ます(長いものを職員にお渡しください)

     

Point 1 複数の窓口を一括で受け付けが可能となりました

 最初の手続きで番号を発券すると、2カ所以上の窓口でお手続きがある場合、「渡り機能(複数発券機能)」を使って同じ番号で行うことができます。
 改めて番号を取る手間と時間が省け、発券した時間で、次の窓口に優先してご案内することができ、従来の窓口ごとの“二重待ち”が解消されます。
 
 
   
 窓口の混雑緩和と長時間の滞在を避けられることで、来庁者の方々のストレスの軽減と業務効率化が図れます。
 また、新型コロナウイルスの感染拡大防止策にも効果があります。
 

Point 2 多言語(6言語)に対応しました

 外国人の来庁者にも利用しやすいように、画面表示、発券カード、呼び出し音声が日本語・英語・ポルトガル語・スペイン語・中国語・韓国語の6つの言語に対応しています。
 

 Point 3 スマートフォンで順番待ちの状況が確認できます(3月下旬導入予定)

 受付時に発券される紙に記載の二次元バーコード(現在は未対応です)をスマートフォンで読み取って、順番待ちの状況を確認できるようになる予定です。
 対応可能になりましたら、ホームページ等でお知らせいたします。