【1日】
桑名海苔問屋協同組合様から子ども達の食育のために、桑名産の新のり二万八千八百枚の寄付をいただきました。幼稚園や小中学校の給食で提供させていただきます。ありがとうございました。

(寄付の様子)

 

 

【8日】
桑名市障害者雇用優良事業所表彰式及び桑名市優秀勤労障害者表彰式を行いました。
市では、平成26年度から社会における障害者雇用の促進と就業の安定のため、積極的に雇用する事業所を表彰しており、本年度は2事業所を表彰しました。
また、令和元年度から、障害者の雇用促進と就業の安定に資することを目的に、桑名市の事業所に勤務している、または、桑名市に在住している障害者の方で、職業人として輝いている方を優秀勤労障害者として表彰することとしており、今回1名の方を表彰しました。

(表彰式)


【14日】
「第14回美し国三重市町対抗駅伝」桑名市代表チーム解散式をNTN総合運動公園で行いました。
今回の大会は、新型コロナウイルス感染症拡大の懸念から、残念ながら中止となりました。大会での優勝を目標として練習に励んできた選手の皆さんや、監督やコーチ、温かいエールを送り続けてくださったご家族の皆さんの気持ちを思うと心が痛みます。
第14回大会のチームの活動は一旦終了しますが、今後も皆さんがそれぞれの環境で練習に励み、さらに成長した姿で来年もう一度チームの仲間として優勝を目指してくれることを期待しています。


(集合写真)

 

【15日】
「第65回鋳物生産技術競技会表彰式」を行いました。この競技会は、昭和31年の開始から今回で65回目を数える伝統ある協議会です。
「くわな鋳物」は、平成27年に特許庁から「地域団体商標」の登録を受け、地域ブランドとして登録されました。この競技会をきっかけとして、さらに鋳物の造型・鋳込み技術の向上を図っていただきたいと思います。

(表彰式)


【15日】
桑名竹取物語事業化協議会の設立総会が市役所で開催されました。
今回設立された協議会は、地域企業、NPO等のみで構成され、桑名の竹やタケノコを活用した六次産業化や担い手創出を担っていただきます。
市も平成28年度から放置竹林対策のために、桑名の竹を資源として活用する事業に継続的に取り組んでおり、協議会と協力して事業を推進していきます。

(総会の様子)

 

【15日】
桑名医師会の青木会長とともに、新型コロナウイルス感のワクチン接種について65歳以上の高齢者はかかりつけ医の個別接種のみで行う「桑名市モデル」を発表しました。
患者の病状などを把握しているかかりつけ医での個別接種は、安心して接種できる、接種の場所が近い、問診にかかる時間も短いなどのメリットが挙げられます。
まずは高齢者の皆さんに一日でも早く接種してもらえるよう、医師会や各種機関と連携していきます。

(記者会見の様子)


【16日】
扶桑工機株式会社様から新型コロナウイルス感染防止対策のために、足踏み式除菌スプレー装置30式の寄付をいただきました。足踏み式除菌スプレー装置は扶桑工機様で実際に製作されたものです。小学校及び市役所で使用させていただきます。ありがとうございました。

(寄付の様子)