農業振興地域について

農業振興地域

    桑名市では、農業振興地域の整備に関する法律に基づき、優良な農地を確保・保全するとともに、
    農業振興のための各種施策を計画的・集中的に実施するため「桑名市農業振興地域整備計画」を定めています。
 
農業振興地域とは

    総合的に農業の振興を図ることが相当な地域として都道府県が市町村と協議し指定する地域のこと。

 

農用地区域

 農業振興地域の中でも、長期にわたり農業上の利用を確保すべき土地として農業振興地域整備計画に位置
    付けられた区域を農用地区域といいます。
    農用地区域に定められた土地は、原則として農地からの転用や開発行為ができません。
農用地区域からの除外
 しかしながら、経済事情の変動その他の情勢の推移により、土地利用計画を見直す必要が生じる場合もあります。
    農用地区域内の土地を農地以外の用途に変更する場合は、農用地区域からの除外を行ったうえで農地転用の
    許可を受ける必要があります。

  このため市では、農用地区域からの除外について申出受付期間を設け、個別の相談・申出を受け付けています。

    事前相談のうえで、下記に定める5要件をすべて満たす場合に限り申出を受理しますが、申出については市の農業
    振興施策上の観点から総合的に判断し、「桑名市農業振興地域整備計画」に反映しますので、受理された申出が
    すべて認められるわけではありません。
 
    また、「桑名市農業振興地域整備計画」を変更する手続きには約1年間の期間を要しますので、申出の受理から
    除外までには約1年間かかります。
 農用地からの除外に必要な5要件
  • 農用地区域以外の区域内の土地利用の状況からみて、当該の土地を農用地等以外の用途に供することが必要
    かつ適当であって、農用地区域以外の区域内の土地をもって代えることが困難であると認められること。
     
  • 農用地区域内における農用地の集団化、農作業の効率化その他土地の農業上の効率的かつ総合的な利用に
    支障を及ぼすおそれがないと認められること。
     
  • 農用地区域内における効率的かつ安定的な農業経営を営む者に対する農用地の利用の集積に支障を及ぼす
    おそれがないと認められること。
     
  • 農用地区域内の土地改良施設(農道、農業用用排水施設等)の有する機能に支障を及ぼすおそれがないこと。
     
  • 農業の生産性を向上させるための土地改良事業の受益地に該当する場合、当該事業の完了から8年を経過
    していること。
 申出について

申出書類は農林水産課(市役所本庁舎2階)に備え付けています。

申出書類に不備や不足がある場合は申し出を受け付けられません。

また、電話での相談、郵送等での申出書類の提出や送付依頼は受け付けません。

農用地区域からの除外申出期間

  桑名市では、6月1日から30日、および12月1日から28日を
  農用地区域からの除外についての申出受付期間としています。
  (閉庁日を除く8:30から17:15まで)

  申出には必ず事前相談が必要となりますので、除外を希望される場合は期間に十分ゆとりをもって
  農林水産課(市役所本庁舎2階)へ相談にお越しください。