まちづくり協議会ってなんだろう?
【地域の状況】

・地域の組織がたくさんあるから、役員の掛け持ちが大変

・一緒に地域活動をする人が少なくなってきて、今までの活動ができなくなってきたなあ

・同じ地区に住んでいても、付き合いがほとんどないなあ

【新しい地域コミュニティ】

地域のことは「地域が決める・地域で取り組む」組織 = まちづくり協議会が決める(意思決定)・取り組む(実行)・改善、提案する(棚卸し)

自治会、自主防災組織、子ども会、老人クラブ、PTAなど地域を守ってきた団体などの知識、経験、情報のネットワークを連結、集約し、地域団体や住民どうしで横のつながりを構築。

【まちづくり協議会の5つの機能】

(1)地域の情報を集め発信する

(2)みんなが話し合って方針を決める

(3)方針に沿った計画に基づいて活動する

(4)組織の中と外をつなぐ

(5)組織全体を束ねる

【めざす姿】

地域の解決力・魅力・愛着度を高める組織

どうしていくといいのかな「着実なステップ」
(1)意見交換(学び)と機運づくり

・新しい地域コミュニティの理解を深めよう。
・地域住民が自由に参加できる井戸端会議を開こう。
・色々な地域団体が、どんな活動をしているのか知ろう。
・地域に、どんな人がいるのか「人材の棚卸し」をしよう。

(2)設立準備委員会の立ち上げ

・「こんな地域にしたい」という将来への思いを共有しよう。
・設立準備委員会を設立しよう。
・まちづくり協議会の姿を検討しよう。
・地域に向けて、PRをしよう。

(3)現状把握と課題の調査、整理

・住民アンケートや聞き取りなどで、地域の課題を探ろう。
・地域の課題を、どう解決していくべきか話し合おう。
・どんな事業をしていくのか、情報を共有しよう。
・何を、いつ頃するのか、というスケジュールを作ろう。
・それぞれの地域団体で行っている「事業の棚卸し」をしよう。

(4)将来像(地域の目標)づくり

・地域をこう変えたい、という思いを書き出そう。
・「地域づくり計画」という目標を作ろう。
・目標は、できるだけ沢山の住民の皆さんの意見を取り入れよう。

(5)まちづくり協議会の立ち上げ準備

・幅広い世代に積極的に声をかけ、役員の選出案を検討しよう。
・規約や予算の案をつくろう。

(6)まちづくり協議会の立ち上げと活動開始

 

各地区でどんなことをしているの?

各地区ではまちづくり協議会の形成に向けてさまざまな取り組みが行われています。

【久米地区】

「安心して楽しく暮らせる久米地区にするためのアンケート」の実施や先進地視察などを行っています。また、まちづくりには話し合いが欠かせないということで「久米まちづくりお話し会」を実施しています。その他に「くめ元気体操のつどい」や「くめっこ子育て広場」などを開催して、人と情報が集まる取り組みをしています。

 

【伊曽島地区】

平成30年10月に準備組織が設立し、全体会議や5つの部会ごとの会議を開催しています。部会は「いきいきクラブ」「子ども・青少年」「いそじまアクション」「防災・防犯」「広報」からなり、課題抽出・検討、事業企画などを実施しています。また、アンケート調査や広報紙「ふれあい伊曽島」の発行、先進地視察、敬老会、サロンイベントの開催などさまざまな活動をしています。
今後は、K-バスの利用法の紹介や買い物支援Carの運行なども検討していきます。

 

【星見ヶ丘地区】

自治会や各種団体の集まりである「星見ヶ丘地域連絡協議会」が、準備組織に移行し、先進地視察や会議などを行ってきました。従来から実施していた「放課後子ども教室」を引き継ぐ形で、この準備組織が主体となって「囲碁・将棋」「音楽・コーラス」「きらきらフェスタ」「グラウンドゴルフ」などを準備事業として実施しています。

 

【城南地区】

地域のつながりを強くするために「ラジオ体操でつなぐまちづくり」と称して、17カ所を順番にラジオ体操を回していくという企画を行いました。

老若男女が参加し、合計1,258人の地域の方がラジオ体操を行いました。

     

  

このほかの地区においても、まちづくり協議会の設立に向けてさまざまな取り組み、活動が進められています。

 

令和元年度 広報くわな 6月号

広報くわなに掲載しているまちづくり拠点施設の取り組みを紹介します。

第16弾 まちづくり拠点施設の取り組み [334KB pdfファイル] 

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

AdobeReaderをダウンロード>>