更新日: 2022年3月25日

ここから本文です。

桑名市職員の採用について

目次

1求める人材・めざす職員像

職員の基本理念

市民の皆様の生活を大切にしたまちづくりのため、職員一人ひとりが、常に自らの行動を振り返り、自らの能力開発を目指す基本的な考え方として、「職員の基本理念」を次のように定めています。

「桑名を愛し、市民の目線で考え、積極果敢にチャレンジ」

目指すべき職員像

自立した地方自治を実現するため、職員は自らが全体の奉仕者であり、その職責が市民の皆様の信託に基づくことを再認識するとともに、市民の皆様の期待に応えていかなければなりません。

そこで、目指すべき職員像を次のように定めています。

桑名を愛し、誇れる桑名市をめざす職員

桑名を愛する気持ちを持つことが、新しい桑名をつくりあげていく基礎となります。

桑名市の歴史・文化をはじめとして、あらゆる桑名市の基礎的データを理解するとともに、他の部署が取り組んでいる事業についても広く知っておくことが大切であり、全市的な視点を持って業務に取り組む必要があります。

次の世代に胸を張ってバトンタッチできる、誇れる桑名市をめざして努力する職員を目指す必要があります。

市民の目線で考え、積極果敢にチャレンジする職員

市民の皆様と『直接対話』を重ねながら、市民ニーズや地域の実情を的確に把握し、『全員参加型市政』を構築して課題の解決に向けて努力をしなければなりません。

質の高い行政サービスを提供するため、常に市民の皆様の目線に立ち、市民の皆様と共に考え、仕事への情熱と学習意欲を持ち、新たな課題へ積極果敢にチャレンジする職員を目指す必要があります。

経営感覚、コスト意識を持った職員

行政サービスの迅速な提供を実現するためには、職員の専門知識・能力を一層高めることが求められます。また、一方で、効率的な行政運営を実現するための優れた経営感覚も身につけなければなりせん。

今後は、各行政分野において、広い視野と創造力を高め、少ない経費で大きな効果をあげるよう、税金を大切に使うことができる職員を目指す必要があります。

高い倫理観、強い使命感と豊かな人間性を持った職員

職員は、市民の皆様全体の奉仕者であって、その職務は市民の皆様から負託された公務であることを自覚しなければなりません。したがって、職員には公務員の職務が社会に与える影響が極めて大きいことから、他の職業に比べて高い職業倫理が求められています。

そのため、常に高い倫理観、強い使命感、豊かな人間性を持って、全力で職務に取り組む職員を目指す必要があります。

市民から信頼される職員

まちづくりの主役は市民の皆様であり、行政は市民の皆様と協働して魅力あるまちづくりを進めなければなりません。

また、職員自身も常にまちづくりの一員であるという認識を持ち、市民の皆様に対して十分な説明責任を果たすことで、市民の皆様から信頼される職員を目指す必要があります。

ページの先頭へ戻る

2職員研修

自己啓発

自己啓発は、「今、行っている仕事の遂行能力を高める学習」のみならず、「自己及び自己の生活の向上のために、目標をもって自ら進んで行う学習」を言います。

職員の自発的な資質向上への取り組みを促進するため、自己啓発への支援を行います。

職場研修

職場研修は、職場内の上司や先輩が、日常の職務を通じて、部下の育成を志向した仕事の割当てや業務目標の設定、職員の創意工夫を促す進行管理、上司と部下が業務や能力開発の達成度を相互に確認することなどをいいます。

単に個人指導の面だけではなく、上司と部下が共に問題意識を共有し、必要な調査・情報収集や自主的な勉強の奨励、専門図書・資料の整備を行うなどして課題に取り組む意欲を組織全体で奨励し合う職場づくり、風土づくりを推進する一面もあります。

職場外研修

職場外研修とは、本来の職務から離れて講義を受けて知識を習得したり、討議等によって考え方を深めたりするものです。

庁内研修(職層別研修と特別研修)

階層別研修は、研修対象者を新規採用職員、係長級、課長級のように職務上の階層や採用後の経験年数により区分して実施するもので、それぞれの階層に応じて必要とされる能力や知識を習得させることを目的としています。

特別研修は、特定の課題や能力の育成を目的に実施するもので、関連事務担当者に限定する場合と特に限定せず広く実施する場合があります。

政策形成能力、コミュニケーション能力、接遇、公務員倫理、人権、法制執務等々

派遣研修

派遣研修は、一定期間、職場を離れて行われることから集中的に実施することができます。内容的にも各市町村に共通した基礎的又は専門的な知識の体系的習得が可能となります。

また、地方分権の進展にともない、自主・自立の行政展開を行うための政策形成能力及び政策実現手段としての政策法務能力や、さらに、他自治体の先進事例を学んだり、民間の視点から自治体を捉え、経営手法を学んだりすることで、幅広い視野を得ることもできます。

  • 三重県市町総合事務組合への派遣
  • 自治大学校、市町村アカデミー及び全国市町村国際文化研修所などの専門的研修機関への派遣

ページの先頭へ戻る

3職員に求められる能力・意識・行動

桑名を愛し、市民感覚を持つ能力

  • 桑名を愛する気持ちを持ち、市民と協働し、市民に貢献する意識を高める
  • 自分の業務範囲だけでなく、それに関連する分野についての広い知識
  • 高度なコミュニケーション能力(傾聴能力、説明能力、折衝・調整能力)
  • 地域や市政に関する幅広い知識
  • 常に市民満足度を意識する
  • 市民に対して、わかりやすく情報提供、説明ができる能力

チャレンジ精神を持つ能力

  • 時代の変化を読み取り素早く対応するための幅広い知識
  • 独自の発想で政策立案(政策形成能力)を行い、政策を実現する(政策法務能力)
  • 企画提案を実現するプレゼンテーション能力、ディベート能力
  • 職場の目標、課題について共通認識を持ち、情報を共有し、自分の目標を明確にする
  • 自ら設定した目標の達成を目指し、意欲を持って取り組む
  • 提案や意見が自由に言える明るく風通しの良い職場環境

経営感覚、コスト意識を持つ能力

  • 業務を効率的に推進するためのマネジメント能力
  • 市を経営体と考える経営管理能力
  • 職務遂行により達成された成果の分析と評価
  • 経営効率や市民の利便性を高めるためのIT(情報通信技術)活用能力
  • 環境変化を読み取り、迅速・柔軟な対応
  • コストバランスを考え創意工夫を重ねる能力

高い倫理観と強い使命感を持つ能力

  • 市民から信頼される高い倫理観
  • 市民全体の奉仕者として全力で職務に取り組む使命感
  • 市職員である誇りと自覚を持って職務に取り組む
  • 公務員倫理に関する深い知識
  • 公務員としてふさわしい服装、言動に心掛ける

豊かな人間性を持つ能力

  • 地域社会を取り巻くさまざまな問題に関する知識
  • 親切丁寧で温かい応対ができる接遇(コミュニケーション能力)
  • 自己管理能力(健康管理、ストレスコントロールなど)
  • 教養を深めるための文化知識(文化、芸術、スポーツなど)
  • 人権を大切にする意識

ページの先頭へ戻る

4桑名市職員採用試験状況

令和3年度実施状況

職種等

募集人数

応募者数

受験者数

一次試験

合格者数

二次試験

合格者数

最終

合格者数

事務職【A日程】 (a)

267

220 71 37 17
事務職【B日程】 (b) 219 173 77 25 10

事務職(障害者対象)【A日程】

1人程度 4 4 1 1 1
事務職(障害者対象)【B日程】 (b) 8 7 3 1 0
事務職(公務員経験者対象) (a) 0 0 0 0 0

技術職(土木)

2人程度 11 8 8 5 5

技術職(建築)

2人程度 9 9 7 4 4
社会福祉士 1人程度 7 6 2 1 1
保健師 2人程度 5 5 5 4 2
保育教育職 5人程度 39 36

15

8 8
消防職 5人程度 19 17

14

5 5

(a)合計で10人程度

(b)合計で3人程度

追加募集の受験者人数、合格者数は含みません

お問い合わせ

市長公室 人事課

電話番号:0594-24-1126

ファックス番号:0594-24-1268

トップページ > 市政情報 > 人事・採用情報 > 職員人事 > 桑名市職員の採用について