更新日: 2022年3月31日

ここから本文です。

【新型コロナ】家庭内感染の予防対策~8つのポイント~

家族の中に新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合、同居の方、周囲の方に感染を広げないためにも、以下の8つのポイントに注意しましょう。

1部屋を分けましょう

  • 食事や寝る時も別室にしましょう。
  • 子どもがいる方、部屋数が少ないなどで、部屋を分けられない場合は、少なくとも2m以上の距離を保ったり、仕切りやカーテンなどを設置しましょう。
  • 感染者は居室から移動しないようにしましょう。

2感染者のお世話は限られた方で行いましょう

  • 可能であれば、お世話をする方は1人に限定しましょう。
  • 心臓、肺、腎臓に持病のある方、糖尿病の方、免疫の低下した方、妊婦の方などが感染者のお世話をするのは避けてください。

3全員がマスクを使用しましょう

  • マスクの表面には触れないようにしてください。マスクを外す際には、ゴムやひもをつまんで外しましょう。
  • マスクを外した後は必ずせっけんで手を洗いましょう。

4こまめに手を洗いましょう

  • 定期的にせっけんで手を洗ったり、アルコール消毒を行ったりしましょう。
  • 洗っていない手で目や鼻、口などを触らないようにしてください。

5日中は換気しましょう

  • 感染者がいる部屋は、定期的に換気しましょう。
  • 共有スペースや他の部屋も窓を開け放しにするなど換気しましょう。

6共用部分を消毒しましょう

  • ドアノブやベッド柵などの共用部分は、薄めた塩素系漂白剤などで拭いた後、水拭きしましょう。
  • タオルは共用しないように注意しましょう。

7汚れたシーツやタオル衣服を洗濯しましょう

  • 体液で汚れたシーツやタオル、衣服は家庭用洗剤で洗濯し完全に乾かしましょう。
  • シーツやタオル、衣服を取り扱う際は、手袋とマスクを着用しましょう。

8ゴミは密閉して捨てましょう

  • 鼻をかんだティッシュはすぐにビニール袋に入れ、室外に出すときは密閉して捨てましょう。
  • ゴミを捨てた後は、すぐにせっけんで手を洗いましょう。

 

参考サイト

各ポイントの詳細については下記をご覧ください。

お問い合わせ

保健福祉部 保健医療課

自宅療養支援係

電話番号:0594-24-5402

ファックス番号:0594-24-3032

こちらのページも読まれています

同じカテゴリから探す

感染状況・予防など全般に関すること

トップページ > 安全・安心 > 新型コロナウイルス関連情報 > 感染状況・予防など全般に関すること > 【新型コロナ】家庭内感染の予防対策~8つのポイント~