更新日: 2022年10月11日

ここから本文です。

子ども入院医療費助成

令和4年9月より通常の子ども医療費助成対象者が、中学生まで拡大(通院・入院ともに)されました。そのため、子ども入院医療費は、下記すべてに該当する方のみ申請ができます。

  1. 令和4年8月以前に医療機関へ入院した方
  2. 入院した期間、中学生の年齢であった方
  3. 入院した期間、子ども医療費助成の受給資格がなかった方

注意:上記3について、令和4年8月以前から中学生の年齢で子ども医療費助成の受給資格があるのは、多子世帯(18歳までの子どもを3人以上扶養している)に該当していた方のみです。

助成内容

医療機関に入院した際に窓口で支払った医療費の保険診療分相当額※を助成するものです。

  • 加入している健康保険等から家族療養費付加金や高額療養費等が支給される場合はその分を除きます。
  • 食事代や差額のベッド代等保険適用外のもの、学校での負傷等で独立行政法人日本スポーツセンターの災害共済給付の対象となる医療費、交通事故などの第三者の行為によるものは助成対象外です。

対象者

令和4年8月以前に医療機関に入院して治療をうけた、市内に住所を有する中学生の子ども

注意:対象者の詳細は本ページ上部の赤字の箇所をご確認ください。

手続きの方法

下記のものをお持ちなり、桑名市役所子ども未来課、各地区市民センター、サンファーレサテライトオフィスいずれかの窓口にて申請してください。口座への振込は受付から最短で2ヶ月後の月末となります。なお、受給資格証は発行されません。

(1)子ども入院医療費助成申請書(窓口で配布します)(PDF:95KB)

(2)領収証の原本(入院年月日、保険適用点数及び受診者名が記載され、領収日から2年以内のもの)

(3)健康保険証(対象の子どもの分)

(4)預金通帳(子どもが父親の健康保険に加入であれば父親の口座、母親の健康保険に加入であれば母親の口座)

(5)マイナンバー(個人番号)及び本人確認ができるもの

桑名市に転入された方は、1月1日時点で住民票のあった市区町村で発行される、ご両親(夫が妻の配偶者控除をとっている場合は夫のみ)の所得・課税証明書(扶養人数のわかるもの)が必要です。

所得制限について

この制度には所得制限があります。保護者各々の所得で判定します(合算ではありません)。

所得制限限度額

扶養親族等の数(人) 保護者所得額(円)
0 6,220,000
1 6,600,000
2 6,980,000
3 7,360,000
4 7,740,000
5 8,120,000
  • 以降、扶養親族が一人増えるごとに380,000円を加算。
  • 老人控除対象配偶者または老人扶養親族一人につき60,000円を加算。

所得の計算にあたって一定の控除があります。資格の有無の詳細につきましては、お問合せください。

お問い合わせ

子ども未来局 子ども未来課

手当・医療費給付係

電話番号:0594-24-1491

ファックス番号:0594-24-1393