更新日: 2022年9月1日

ここから本文です。

転入届で「書かない窓口」が始まります

戸籍・住民登録課窓口では、令和4年9月1日から、現行の住民異動届をご記入いただかずに転入届を行う「書かない窓口」を実施します。お持ちいただく転出証明書をOCRで読み込むことで文字を自動でデータ化し、転入届を受け付けます。
「書かない窓口」の実施により、手続きの負担低減を図ります。

手続きの流れ

  1. 窓口で転出証明書と本人確認書類を提出していただきます。
  2. 転出証明書に書かれた文字をスキャナーで読み取り、自動でデータ化します。
  3. 読み込んだ内容以外の情報を職員が聞き取り、住民異動(転入)届を完成させます。
    お客様に内容をご確認し、間違いがなければご署名をいただきます。

「書かない窓口」に必要なもの

1.転出証明書

桑名市に引っ越してくる前の住所の市区町村で転出届を行い「転出証明書」または、「転出に準ずる証明書」の交付を受けてください。

転出証明書や転出に準ずる証明書の添付がないと転入の手続きは行えません。

マイナンバーカードや住民基本台帳カードを利用して特例転出を行った方は、転出証明書は発行されません。窓口にて「カードを使っての住所異動(特例転入)」とお申し出ください。

2.窓口にお越しになる方の本人確認書類

  1. 1点で確認が済む本人確認書類の例
    マイナンバーカード、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書など、官公署(国、県、市などの機関)が発行している顔写真付きのもの
  2. 2点以上の確認が必要な本人確認書類の例
    窓口にお越しになる方の住所、氏名、生年月日などが記載されている保険証、年金手帳など、官公署(国、県、市などの機関)が発行している顔写真のないもの
  3. 上記1.及び2.の本人確認書類をお持ちでない方
    詳細な本人確認書類の一覧をご確認ください。一覧に該当する本人確認書類をお持ちでない場合は、事前にお問い合わせください。

詳細な本人確認書類の一覧は「本人確認を実施しています」をご参照ください。

 

「書かない窓口」を利用された場合でも、現行の住民異動届をご記入いただく場合と同様、転入届に関して必要な書類等が別途あります。下記リンクもあわせてご確認ください。

「書かない窓口」を実施している場所

戸籍・住民登録課:月曜日から金曜日(祝日を除く)午前8時30分から午後5時15分

お問い合わせ

市民環境部 戸籍・住民登録課

電話番号:0594-24-1158、24-1159

ファックス番号:0594-24-1353

トップページ > くらし・手続き > 届出・証明 > お知らせ > 転入届で「書かない窓口」が始まります