10月25日(木曜日)、東京都千代田区にある新丸ビル「丸の内ハウス」内のMUSMUS(ムスムス)にて、桑名の「食」に纏わる魅力を掘り下げるイベント(Dig K)が行われ、マスコミ関係者や旅行関係者が多数参加しました。

 

市は現在、桑名ブランド首都圏PR事業を株式会社ポニーキャニオンに委託しており、2018年度は「食」、2019年度は「歴史」、2020年度は「祭」をテーマにして桑名市の魅力を発信していきます。

今回のイベントでは桑名の魅力を発信する「魅力みつけびと」として「食」では小説家の柏井壽さん、「歴史」ではライムスターのラッパー、俳優のMummy-D(マミーディー)さん、「祭」では白洲次郎・正子の孫で、文筆家・美術評論家の白洲信哉さんの就任が発表されました。

     

小説家。

テレビ番組や雑誌の京都特集などを監修。

小説「鴨川食堂」などの作品多数。

ライムスターのラッパー、プロデューサー、役者。

日本の歴史、城好きとしても知られている。

文筆家・美術評論家。

日本文化の普及に努め、書籍編集、

デザイン他、様々な文化イベントをプロデュースしている。

父方祖父母は白洲次郎・正子。

母方祖父は小林秀雄。

 

この中で桑名の「食」をテーマに行われたトークセッションでは、柏井さん桑名へ訪問した際の話を中心に、トークセッションが弾み、桑名のハマグリについて、「これまでの常識が覆された」(柏井氏)と語り、ハマグリの一番の旬が6月である事に触れ、貝類という事もあり、冬場が旬と思われがちなハマグリは、実は産卵シーズンを本格的に迎える直前の初夏が一番旬であることについても語りました。
また、伊藤徳宇市長も「大きさに味が比例すると思われがちだが、そういう訳ではない。一番美味しいサイズは4年物くらいのもの」と詳細を説明しました。

 

柏井さんの桑名取材の様子は下記URLからご覧いただけます。
また平成30年11月6日発売の「Discover Japan 12月号」でも紹介されています。
【柏井壽さん取材の様子】
https://youtu.be/9e6GG9D8oqg