昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性の方は、過去に予防接種法に基づく定期接種を受ける機会がなかったため、抗体保有率が他の世代より低くなっています。そのため、ご自身が風しんにかかり、ご家族や周囲の人に広げてしまうおそれあります。 

 この世代の男性に風しんへの抵抗力(免疫)をつけていただくため、令和4年3月31日まで、無料で抗体検査(血液検査)・予防接種(十分な量の抗体がない方のみ)を実施しています。

風しんの追加的対策を実施する理由

・風しんは、感染者の飛まつ(唾液のしぶき)などによって、他の人にうつる、感染力が強い感染症です。

自覚症状が少ないため、電車や職場など人が集まる場所で、気づかないうちに多くの人にうつしてしまう可能性があります。

妊娠早期の妊婦さんが風しんに感染すると、赤ちゃんが先天性風しん症候群(眼や耳、心臓に障害がでること)になる可能性がありま す。

・成人は風しんに感染すると、小児に比べて症状が重くなることがあります。

 

 そのため、まずは、風しんへの抵抗力を確認するため、抗体検査を受けましょう。

 風しんへの抵抗力が無いことがわかった場合、風しんへの抵抗力(免疫)をつけるため、予防接種を受けましょう。

  

対象者

 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性 

 対象者の方には、すでに無料クーポン券(風しんにおける抗体検査券および予防接種クーポン券)を送付しています。

 (※有効期限が令和2年3月31日と記載されている無料クーポンをお持ちの方は、そのまま令和4年3月31日まで利用できます。)

  

実施期間

 令和4年3月31日まで

 

 自己負担

 無料

 

抗体検査・予防接種の流れ

 1:対象者の方には、すでに無料クーポンをお送りしています。

 2:医療機関で風しん抗体検査を受けます。

  ※医療機関によっては、予約が必要な場合があります。また、健康診断と同時に実施できることも

   ありますので、事前に医療機関へお問い合わせください。

  ※結果が後日にわかることが多いため、抗体検査結果の確認方法を、実施時にご確認ください。

 3:後日、抗体検査の結果を医療機関に確認してください。

 4:抗体検査の結果、十分に抗体がなかった場合は、予防接種の対象となり、乾燥弱毒生麻しん風しん

  混合(MR)ワクチンを接種します。

 

実施医療機関

 桑名市内の実施医療機関[465KB pdfファイル]  

 市外の場合は、厚生労働省のホームページ「風しんの追加的対策」で検索してください。

 www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/index_00001.html

 

クーポン券の再発行について

 クーポン券の紛失、あるいは他市町村から転入されてきた場合は、クーポン券の再発行が必要です。

 クーポン券を使用できるのは、抗体検査・予防接種とも1回のみです。2回以上実施した場合は、実施費用が全額自己負担となりますので、ご留意ください。

 

 【申請方法】

 来所の場合)桑名市役所2階 保健医療課の窓口へ来所し、手続きをしてください。
        その場で、無料クーポンをお渡しします。来所者は、ご家族の方でも構いません。
 
 郵送の場合)
  はがきまたは交付申請書[135KB pdfファイル] を保健医療課宛に郵送してください。
  到着後、無料クーポンをお送りします。
 
 ※はがきの記載内容:「住所」「氏名」「生年月日」「つながりやすい電話番号」「風しん追加的対策クーポ
  ン希望」「希望するクーポン券の種別(抗体検査・予防接種または予防接種のみ)」
 
  送付先:桑名市役所 保健医療課行 (〒511−8601 桑名市中央町二丁目37番地)
 
 

注意事項

  1:平成26年4月以降の「風しん抗体なし」の結果のある方は、クーポン券と合わせて医療機関へ

  持参し、予防接種を受けてください。

  2:クーポン券は、桑名市に住民票のある場合のみ有効です。

  桑名市外へ転出された場合は、転出先の市区町村へお問い合わせください。

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

AdobeReaderをダウンロード>>