風しんの予防接種は、予防接種法に基づき、子どもを対象に公費(無料)で行われています。

しかし、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性は、これまで予防接種法に基づく定期接種を受ける機会

がなかった為、抗体保有率が他の世代よりも低くなっています。

 そこで、この世代の男性の抗体保有率を引き上げるため、令和4年3月31日まで、この世代の男性に対して、無料で

抗体検査・予防接種(十分な抗体のない方のみ)を実施します。

 

風しん対策を実施する理由

 風しんは、感染者の飛まつ(唾液のしぶき)などによって他の人にうつる、感染力が強い感染症です。

妊娠早期の妊婦が風しんに感染すると、出生児が先天性風しん症候群(眼や耳、心臓に障害がでること)になる

可能性があります。

 大人になって感染をすると無症状~軽症のことが多いですが、まれに重篤な合併症を併発することがあります。

また、無症状でも他人に風しんをうつすことがあるので、感染を拡大させないためには、社会全体が免疫を持つこと

(抗体保有率が高いこと)が大切です。

 

対象者

1:昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性 

 市から抗体検査と予防接種のクーポン券を6月末に送付しました。申請不要です。

 

2:昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性

 今年度、希望される方は、桑名市役所 保健医療課へクーポン券の発行申請が必要です。

 【申請方法】

 桑名市役所 保健医療課の窓口へ来所かハガキまたは申請書 [153KB pdfファイル] を郵送

 ※ハガキの記載内容:「住所」「氏名」「生年月日」「つながりやすい電話番号」「風しん追加的対策クーポン希望」

       送付先:桑名市役所 保健医療課(〒511−8601 桑名市中央町二丁目37番地)

 【申請開始時期】

 令和元年7月8日から

 

実施期間

令和4年3月31日まで

(ただし、今年度配布するクーポン券の有効期限は、令和2年3月31日までです)

 

 自己負担

無料

 

抗体検査・予防接種の流れ

 1:市からクーポン券が届きます。

2:医療機関で風しん抗体検査を受けます。

 ※医療機関によっては、予約が必要な場合がありますので、事前に各医療機関へお問い合わせください。

3:後日、抗体検査の結果を医療機関から受け取ります。

4:抗体検査の結果、十分に抗体がない場合、予防接種を受けます。

 

実施医療機関

 厚生労働省のホームページ「風しんの追加的対策」で検索してください。

 www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/index_00001.html

 

クーポン券の再発行について

クーポン券の紛失、有効期限切れ、あるいは他市町村から転入されてきた場合は、クーポン券の再発行が必要です。

クーポン券を使用できるのは、抗体検査・予防接種とも1回のみです。2回以上実施した場合は、実施費用を

全額自己負担して頂きますので、予めご了承ください。

【申請方法】

 桑名市役所 保健医療課の窓口へ来所かハガキまたは申請書 [153KB pdfファイル] を郵送
 
 ※ハガキの記載内容:「住所」「氏名」「生年月日」「つながりやすい電話番号」「風しん追加的対策クーポン希望」
          「希望するクーポン券の種別(抗体検査・予防接種または予防接種のみ)」
       送付先:桑名市役所 保健医療課(〒511−8601 桑名市中央町二丁目37番地)
 
 

注意事項

 1:平成26年4月以降の「風しん抗体なし」の結果のある方は、クーポン券と合わせて医療機関へお持ちください。

2:クーポン券は、桑名市に住民票のある場合のみ有効です。

 桑名市外へ転出された場合は、転出先の市区町村へお問い合わせください。