更新日: 2022年2月1日

ここから本文です。

【公民連携事例23】AED(自動体外式除細動器)及び広告付き行政情報ディスプレイの設置

事業の概要

桑名市では、民間事業者等のユニークなアイデアやノウハウを活かして、市民サービスの向上や歳入確保につなげることをねらいに、「公民連携ワンストップ対話窓口(コラボ・ラボ桑名」を設置し幅広く提案を募集しています。

この度、表示灯株式会社の提案により下記の施設にAED(自動体外式除細動器)及び広告付き行政情報ディスプレイを設置しました。

  • 市役所本庁舎1階ロビー:AED(自動体外式除細動器)
  • 大山田、多度、長島地区市民センター:広告付き行政情報ディスプレイ

AED(自動体外式除細動器)を設置することで本庁舎内で、突然何らかの要因により正常に心臓が拍動しなくなった場合、救急車両が到着するまで緊急時対応することができます。
また、各地区市民センターを利用する方が行政情報を取得することができ利便性の向上につながります。

AED(自動体外式除細動器)

AED

行政情報モニター

行政モニター

お問い合わせ

市長直轄組織 政策創造課

電話番号:0594‐24‐1462

ファックス番号:0594‐24‐1412

こちらのページも読まれています

同じカテゴリから探す

公民連携の取り組み事例

トップページ > 市政情報 > 施策・計画 > 行政改革・公民連携 > 公民連携 > 公民連携の取り組み事例 > 【公民連携事例23】AED(自動体外式除細動器)及び広告付き行政情報ディスプレイの設置