更新日: 2022年2月1日

ここから本文です。

【公民連携事例9】市民活動センターの運営支援

事業の概要

桑名市では、公民連携公共サービス提案制度として、市の実施する事務事業のうちから選定したモデル事業について、民間事業者ならではのアイデアとノウハウを活用した提案を募集しました。

募集した結果、「多くの市民(団体)が気楽に集まって、知恵を交換し協働して新たな社会貢献活動を生み出すような環境づくり」の提案が採用され、桑名市市民活動センターの一部運営業務を委託することになりました。

委託内容

  • 相談業務(アドバイザー)
  • 市民活動センター企画コーディネート
  • 研修会・講座の企画・実施

提案概要

  • (1)市民活動センターの運営支援にあたって外部資源の呼び込みに努める。
  • (2)市民活動センターの運営支援の中で、市民活動団体の情報を収集する。
  • (3)収集した市民活動団体の情報を資源の提供者である企業、サービスの利用者である市民に提供し、コーディネートする。

効果

  • 歳出削減額 738千円
  • 効果 外部資源の呼び込み、情報発信の充実等、市民サービス向上の余地

※削減効果額は平成27年度決算額と平成28年度執行予定額の差です。

お問い合わせ

市長直轄組織 政策創造課

電話番号:0594‐24‐1462

ファックス番号:0594‐24‐1412

こちらのページも読まれています

同じカテゴリから探す

公民連携の取り組み事例

トップページ > 市政情報 > 施策・計画 > 行政改革・公民連携 > 公民連携 > 公民連携の取り組み事例 > 【公民連携事例9】市民活動センターの運営支援