更新日: 2022年2月1日

ここから本文です。

【公民連携事例13 】ネーミングライツ・パートナーが決定しました

新たにネーミングライツ・パートナーが決定しました!

桑名市では、市が所有する施設を活用するため、民間企業等ならではのアイデアとノウハウを活用したネーミングライツ等の提案の募集を実施しています。

この度、下記施設について審査を経てネーミングライツ・パートナーが決定しました。

柿安コミュニティパーク(吉之丸コミュニティパーク)

パートナー:株式会社柿安本店(三重県桑名市吉之丸8)

愛称:柿安コミュニティパーク

期間:平成30年4月1日~平成37年3月31日(7年間)

柿安コミュニティパーク調印式 柿安コミュニティパーク

(左:取締役副社長、右:桑名市長)

ヤマモリ体育館(桑名市体育館)

パートナー:ヤマモリ株式会社(三重県桑名市陽だまりの丘6-103)

愛称:ヤマモリ体育館

期間:平成30年4月1日~平成35年3月31日(5年間)

ヤマモリ体育館調印式 ヤマモリ体育館1 ヤマモリ体育館2

(左:代表取締役社長、右:桑名市長)

ダイワハウス陽だまりの丘中央歩道橋(陽だまりの丘中央歩道橋)

パートナー:大和ハウス工業株式会社 四日市支社(三重県四日市市ときわ1丁目7番14号)

愛称:ダイワハウス陽だまりの丘中央歩道橋

期間:平成30年3月1日~平成33年2年28日(3年間)

ダイワハウス陽だまりの丘中央歩道橋調印式 ダイワハウス陽だまりの丘中央歩道橋

(左:四日市支社長、右:桑名市長)

ネーミングライツ(命名権)とは

市の施設に企業名・商品名などを冠した愛称(名称)を付与し、名称として使用することで当該団体から対価を得て、

施設の良好な管理運営に役立てるものです。

ネーミングライツ導入のメリット

  • (1)PR効果
    市の施設に愛称(パートナー名・商品名等)を表示することにより、市が行う周知・広報活動や、メディアによる報道等を通じて、幅広いPRが期待できます。
  • (2)イメージアップ効果
    地域貢献企業として、企業ブランドや商品価値のイメージアップに繋がります。

お問い合わせ

市長直轄組織 政策創造課

電話番号:0594‐24‐1462

ファックス番号:0594‐24‐1412

こちらのページも読まれています

同じカテゴリから探す

公民連携の取り組み事例

トップページ > 市政情報 > 施策・計画 > 行政改革・公民連携 > 公民連携 > 公民連携の取り組み事例 > 【公民連携事例13 】ネーミングライツ・パートナーが決定しました