更新日: 2022年2月1日

ここから本文です。

【公民連携事例15】桑名卓球珈琲(カフェ)を開設しました!

「桑名卓球珈琲(カフェ)プロジェクト」の推進に関する協定を締結しました。

桑名市では、全員参加型市政をめざし、新たな地域コミュニティ組織「まちづくり協議会」の構築を提案しており、多様化・複雑化する地域課題の解決に向けて、地域住民が主体となって取り組む「市民の個性が活かせる地域コミュニティ」の実現をめざしています。

そこで、公民連携ワンストップ対話窓口「コラボ・ラボ桑名」に桑名市を卓球で市民が健康に、珈琲で市民の交流を促進させるために桑名卓球珈琲プロジェクトの提案が、ネスレ日本(株)、一般社団法人卓球で日本を元気にする会、一般社団法人ニュートリション運動推進会議、子どもの健康づくり委員会、(株)朝日エルからありました。

桑名市もこのプロジェクトに賛同し、桑名市総合医療センターの協力を得て、平成31年3月21日に「桑名卓球珈琲(カフェ)プロジェクトの推進に関する協定」を締結しました。

(左から桑名市総合医療センター理事長、一般社団法人卓球で日本を元気にする会代表理事、桑名市長、ネスレ日本(株)執行役員、(株)朝日エル会長)

卓球珈琲(カフェ)オープン!

桑名卓球珈琲プロジェクトを進めるために、城南まちづくり拠点施設に「卓球珈琲(カフェ)」がオープンしました。

卓球珈琲(カフェ)の概要

  • (1)カフェによる集いの場づくり
    「ネスカフェ」のカフェコーナーをオープンし、手軽にコーヒーを楽しめる場を提供することで、集いの場づくりをめざします。
  • (2)「健康卓球」による運動の機会づくり
    卓球台を設置し、自由に卓球を楽しめる場を提供します。「健康卓球」の担い手を育成することで、どなたでも健康的に卓球ができる機械づくりをめざします。また、卓球イベントも実施する予定です。
  • (3)ヘルスケア教育による健康意識と知識づくり
    地方独立行政法人桑名市総合医療センターによる定期的なヘルスケア教室やクッキングスクールを実施します。
  • (4)全員参加型のまちづくり
    地域の皆様のまちづくり活動をサポートします。

【開設場所】

城南まちづくり拠点施設(桑名市大字和泉667番地)

【開設時間】

原則 平日(月曜日~金曜日)の午前9時~午後4時
※地域の会議等の開催により変更となる場合があります。

【利用料金】

無料(珈琲は有料)

卓球珈琲(カフェ)オープニングイベント開催!

平成31年3月21日に卓球珈琲が城南まちづくり拠点施設にオープンするにあたりオープニングイベントが開催されました。

オープニングイベントの様子1 オープニングイベントの様子2 オープニングイベントの様子3

【オープニングイベント】

  • 開催日時:平成31年3月21日(祝日・木曜日)
  • 開催場所:城南まちづくり拠点施設
  • 開催内容:桑名卓球プロジェクトメンバーによるテープカット
    一般社団法人Tリーグチェアマン 松下 浩二さんによる卓球ラリー披露
    ネスレ日本によるカフェ体験

オープニングイベントには地元の方々を含めて約170人が訪れ、これから変わりつつあるまちづくり拠点施設での初めてのイベントに興味津々で参加されてました。卓球を楽しんだり、カフェしながらお話をしたりして有意義な時間を過ごしていました。

お問い合わせ

市長直轄組織 政策創造課

電話番号:0594‐24‐1462

ファックス番号:0594‐24‐1412

こちらのページも読まれています

同じカテゴリから探す

公民連携の取り組み事例

トップページ > 市政情報 > 施策・計画 > 行政改革・公民連携 > 公民連携 > 公民連携の取り組み事例 > 【公民連携事例15】桑名卓球珈琲(カフェ)を開設しました!