市有財産に関するサウンディング型市場調査の実施について

 本市が所有する市有財産(土地・建物)を適正に管理し有効活用するに当たり、現在の取り組みとして、公共施設等総合管理計画第1次アクションプラン期間内に優先的に削減・あり方を見直す施設「ファーストステップ一覧表」を公表し、売却等を行い総量削減に努めております。

 また、現在使用している市有財産についても地域活性化、市民サービスの向上につながるような活用方法の検討を進めているところであります。

 そこで、本市所有の財産について売却の手法、市民の利便性が向上するような有効活用について、民間事業者などからの意見を公民連携ワンストップ対話窓口(コラボ・ラボ桑名)で随時募集します。

1.事業名称

 市有財産に関するサウンディング型市場調査

2.調査対象

 下記の「物件一覧表」(随時追加・削除します)を基本としておりますが、現在使用している市有財産についての提案も調査対象としておりますので、一覧表に記載のない市有財産については、事前に財政課へお問い合わせいただくか、桑名市オープンデータポータルサイト(※1)にすべての市有財産のデータを掲載しておりますのでご覧ください。

※1・・・桑名市オープンデータポータルサイト内のデータカタログ検索で「市有財産」と入力し検索してください。

物件一覧表

 物件一覧表 [164KB pdfファイル]  

3.その他

 市有財産に関するサウンディング型市場調査の実施方法の詳細、提案書の提出方法等については、政策経営課の コラボ・ラボ桑名(公民連携ワンストップ対話窓口)をご覧ください。

 また、桑名市においては統一的な基準による固定資産台帳を作成しておりますので参考にご覧ください。

4.調査結果について

 現在までの調査結果及び提案内容についてはこちらをご覧ください。

イメージ図

 

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。

最新バージョンのインストールをお薦めします。

Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。(新しいウィンドウが開きます)

AdobeReaderをダウンロード>>