ここから本文です。

桑名水郷花火大会

昭和9年の伊勢大橋完成記念として始まった桑名水郷花火大会は、戦時中に一時中断したものの現在まで引き継がれている伝統のある行事です。特徴は“水郷のまち・くわな”ならではの川で行われる花火大会で、打ち上げ現場は揖斐川の中州です。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響でここ2年間は中止となっていましたが、3年ぶりに開催することとなりました。

お知らせ(準備中)

ご協賛のお願い(令和元年度)

例年この大会は企業様等からのご協賛によって運営してまいりました。
年々規模が拡大していることに伴って設営等の経費も増大し、安全対策費、花火打ち上げの経費増加等により、新たなお力添えを必要としており、昨年より有料席の開設や臨時駐車場の一部有料化を実施いたしました。今後とも本大会が存続、発展していくために、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

ご協賛について

ボランティアのお願い(令和元年度)

観光協会では、花火大会当日の受付・誘導などの運営のボランティアを募集します。他にも、桑名の観光に興味があり、市内を訪れる観光客をおもてなしの心で対応し、活気ある街づくりに取組める意欲のある方を大募集!お祭りやイベント等のお手伝いに興味のある方は、まずはお気軽にお問い合わせください。

ボランティア募集について