更新日: 2022年4月1日

ここから本文です。

特殊詐欺被害防止機器貸出し事業

高齢者を対象に特殊詐欺による犯罪被害を未然に防止するため、特殊詐欺被害防止機器を無料で貸出します。

特殊詐欺被害防止機器とは

固定電話に接続すると、呼び出し音が鳴る前に、電話の発信者に警告メッセージが流れ、通話内容を録音します。詐欺の犯人は録音されることを嫌がるため、電話に出ずに犯人を撃退することができます。

桑名市では、株式会社レッツコーポレーションの「振込め詐欺見張隊新117」を貸出します。

対象者

市内に住所を有する満65歳以上の方

貸出し台数

30台(先着順)

貸出し期間

機器引渡し日から6か月

申込期間

令和4年6月1日(水曜日)から

申込方法

  1. 貸出申請書(様式第1号)を記入し、市役所危機管理室へ提出する
  2. 申請書を審査後、市から承諾通知書を送付します(※アンケートを同封します)
  3. 貸出し機器を受け取る
  4. 地域包括支援センターの職員が訪問します
  5. 6か月満了後市役所へ機器を返却する

返却時にアンケート(PDF:532KB)(別ウィンドウで開きます)にご協力ください。

アンケートはこちらの入力フォーム(別ウィンドウで開きます)からも回答していただけます。

地域包括支援センターとの連携

高齢の方は特に特殊詐欺被害に遭いやすい傾向があります。桑名市では特殊詐欺等被害防止機器の貸出しを受けた方の情報を地域包括支援センターと共有し、不安や心配事を軽減する体制づくりをすすめています。地域包括支援センターの職員が訪問した際には、お気軽にご相談ください。

制約事項

機器の貸出しにあたり以下の制約事項を遵守してください。

  1. 特殊詐欺等被害防止機器(以下「機器」という。)は、桑名市特殊詐欺被害防止機器貸出事業実施要綱の規定を遵守の上、防犯並びに急病及び災害等の緊急時に使用し、その他の目的には使用しません。
  2. 機器は、私自身の責任において大切に使用します。
  3. 機器を第三者へ転貸しません。
  4. 機器に不具合や誤作動等が生じた場合は、直ちに市へ連絡します。
  5. 貸出申請書の内容に変更が生じた場合は、速やかに市へ連絡します。
  6. 万一、破損(経年劣化による場合を除く)、紛失した場合には、市が提示する実費(修繕又は再購入価格相当分)を負担します。
  7. 貸出期間が満了したとき及び長期間装置を使用しなくなったときは、速やかに装置を返却します。
  8. 機器に録音された音声が必要な場合には、録音データの提出に協力いたします。
  9. 設置された機器の使用状況等について、アンケート等が必要な場合は協力いたします。

申請書類等ダウンロード

お問い合わせ

市長直轄組織 危機管理室

電話番号:0594-24-1337

ファックス番号:0594-24-2945

トップページ > 安全・安心 > 防犯・交通安全 > 特殊詐欺 > 特殊詐欺被害防止機器貸出し事業