現在、戸籍・住民登録課の窓口で発行する証明書交付手数料のお支払いに、クレジットカードや電子マネー、バーコードなどを利用したキャッシュレス決済を導入しています。
このたび、令和3年4月7日(水曜日)から新たに、スマートフォン決済アプリ「PayPay」も使えるようになります。

現金が必要なく素早く支払いが完了することで、市民の利便性と現金収受による接触機会の低減を更に図ります。

対象となる手数料

「住民票の写し」や「戸籍謄本」、「印鑑登録証明書」など、窓口で交付しているすべての証明書の手数料

※マイナンバーカード・くわな市民カードの再交付は除く

キャッシュレス決済の取扱窓口

市役所本庁1階 戸籍・住民登録課(桑名市中央町二丁目37番地)

ご利用可能なキャッシュレス決済

クレジットカード

 Visa、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス、Diners Club(ダイナースクラブ)

電子マネー

 交通系(Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん)・QUICPay・楽天Edy・WAON・nanaco・JCB PREMO

バーコード決済

Smart Code参加事業者

 LINE Pay・au PAY・メルペイ・Fami Pay・ゆうちょPay・EPOS Pay・pring・カシコン銀行など

PayPay

 PayPay
※窓口に備え付けの二次元バーコードを専用アプリから読み込むことでお支払いできます

※お客様に必要な金額を入力(職員も入力画面を確認)していただく必要がございます

中国系バーコード決済

 ウィーチャットペイ・アリペイ    

 ご注意ください

  • 税金や保険料の窓口や各地区市民センター、サテライトオフィスでのご利用はできません。
  • 受付窓口での電子マネーチャージはできません。