ここから本文です。

タドヤブサメマツリ多度流鏑馬祭

流鏑馬神事は1000年以上の歴史あり、疾走する馬上から的に鏑矢(かぶらや)を射る、日本の伝統的な騎射の技術・稽古・儀式のことを言う。馬を馳せながら矢を射ることから、「矢馳せ馬(やばせうま)」とも呼ばれ、時代が下るにつれて「やぶさめ」と呼ばれるようになったといわれる。
鎌倉時代に入ると武士により、天下泰平・国家安穏の祈りを込めて行われてきました。
当社の多度流鏑馬祭は、毎年11月23日に古くより行われていた新嘗祭に併せ、五穀豊穣を感謝する意味で、平成3年より小笠原一門の奉仕により桑名市の祭りとして行っております。

多度流鏑馬祭の詳細情報

開催情報

開催日時 11月23日(祝)
開催場所 多度大社
開催場所 住所 桑名市多度町多度1681
開催場所 電話番号 0594-48-2037

基本情報

アクセス 養老鉄道「多度駅」下車、徒歩約22分
近郊スポット

秋のイベント

この記事をシェア

掲載日:2022年6月25日