更新日: 2024年6月13日

ここから本文です。

戸籍の証明書を郵送請求するとき

戸籍の証明書を郵送請求する方法は次のとおりです。

戸籍の附票を郵送請求される方はこちらをご覧ください。

本来請求できる方(以下「請求者」)

証明書の種類

内容

請求者

戸籍全部事項証明書
(戸籍謄本)

戸籍に記載された全員の事項を全て記載したもの

本人、同一戸籍、
配偶者、直系親族

戸籍一部事項証明書
(戸籍抄本)
戸籍に記載された一部の方の事項を全て記載したもの 本人、同一戸籍、
配偶者、直系親族

除籍全部事項証明書

(除籍謄本)

婚姻・死亡・転籍などにより全員が除籍になった戸籍で、
全員の事項を全て記載したもの

本人、同一戸籍、
配偶者、直系親族

除籍一部事項証明書
(除籍抄本)
婚姻・死亡・転籍などにより全員が除籍になった戸籍で、
一部の方の事項を全て記載したもの
本人、同一戸籍、
配偶者、直系親族
改製原戸籍
(謄本/抄本)

戸籍の改製(法改正等により、戸籍の編成単位や様式が変更
されて新しく作り変えられること)があった場合の、改製前の
旧戸籍のこと。
謄本は全員、抄本は一部の方の事項を全て記載したもの

本人、同一戸籍、
配偶者、直系親族

受理証明書

戸籍の届出を市が受理したことを証明するもの 特別の事由がある
利害関係人
(本人、届出人)
戸籍届書の
記載事項証明書
市に届出をした戸籍届出の記載内容について証明したもの 特別の事由がある
利害関係人
(本人、届出人)

身分証明書

禁治産又は準禁治産の宣告通知を受けていないこと、

後見登記の通知を受けていないこと、破産宣告または

破産手続開始決定の通知を受けていないことを証明するもの

成年後見の「登記されていないことの証明(外部サイトへリンク)

(別ウィンドウで開きます)」は法務局にお尋ねください

本人

独身証明書

独身であることを証明するもの

本人
不在籍証明

現在、特定の本籍に特定の方が在籍していない

ことを証明するもの

どなたでも

請求可能

  • 15歳未満の方、成年被後見人からのご請求はお受けできません。法定代理人(親権者、成年後見人等)がご請求ください。
  • 請求者が何らかの事由により直接請求できない場合は、請求者からの委任により代理人が請求することができます。⇒「代理人が戸籍証明を郵送請求するとき」をご覧ください
  • 請求者以外の方が戸籍法第10条の2に基づき、自己の権利行使や義務履行等のために戸籍謄本等を必要とする場合は第三者請求となります。⇒「第三者の戸籍証明を郵送請求するとき」をご覧ください

郵便でお送りいただくもの

1.交付申請書(郵便用)

 便箋や他市区町村の申請書もお使いいただけます。

  • 申請書には以下の事項をご記入ください。

<記載事項>

  1. 請求者の住所、氏名、生年月日、証明対象者との続柄
  2. 日中連絡がつく電話番号(必ずご記入ください。連絡が取れない場合はそのまま返却させていただく事もあります。)
  3. 証明対象者の氏名、戸籍の本籍地、筆頭者、わかれば生年月日
  4. 請求する証明書の種類と必要数
  5. 請求理由(使用目的)、必要事項

2.請求者の本人確認書類の写し

  • 戸籍証明は、請求者の本人確認書類に記載された現住所に送付します。現住所が記載されていることをご確認のうえ、以下のうちいずれか一点以上を添付してください(有効期限内のものに限る)。
    ※現住所、氏名、生年月日が確認できる部分をすべてコピーしてください。マイナンバーカードは、裏面(マイナンバーの記載のある面)のコピーは不要です。
  • マイナンバーカード
  • 運転免許証
  • 在留カード・特別永住者証明書
  • 国、地方公共団体の機関が発行した免許証等

例) 身体障害者手帳、療育手帳、船員手帳、無線従事者免許証、運転経歴証明書(H24年4月1日以後交付のもの)、小型船舶操縦免許証、宅地建物取引士証、教習資格認定証、電気工事士免状、認定電気工事従事者認定証等

  • 国、地方公共団体の機関が発行した身分証明書で顔写真付きのもの
  • 請求者の現住所、氏名、生年月日が記載された保険証、住民票、戸籍の附票、申請書に押印した印鑑の印鑑証明書

3.請求者と証明対象者の関係がわかる書類

  • 請求する戸籍に請求者の名前が載っていない場合は、請求者と証明対象者が直系親族であることを確認できる戸籍証明(戸籍謄本等)のコピーを添付してください。
    ※上記確認用の戸籍証明の本籍地が桑名市の場合は添付不要です。

4.法定代理人の確認書類

  • 法定代理人による請求の場合は以下の書類を添付してください。
  • 15歳未満…親権者であることがわかる書類(戸籍謄本等)※本籍地が桑名市の場合は不要
  • 成年被後見人…成年後見人の登記事項証明書(原本)、または審判書謄本と確定証明書の2点
  • 被保佐人・被補助人…保佐人・補助人の登記事項証明書と代理行為目録の2点、または審判書謄本と確定証明書の2点
  • その他…裁判所が法定代理人の選任を決定した旨が確認できる書類等

5.手数料分の定額小為替

  • 郵便局またはゆうちょ銀行で定額小為替(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)をご購入いただき同封してください(発行6カ月以内のものに限る)。指定受取人の欄には何も書かないでください。
  • 切手、収入印紙、小切手等は定額小為替の代わりにはなりません。お釣りがでないように定額小為替をご用意ください。未使用分は、定額小為替にてお返しします。

6.返信用封筒

  • 請求者の住所、氏名を記入のうえ、切手(基本料金84円~、定型外封筒120円~)を貼ってください。証明書の枚数によって郵便料金が不足した場合には【不足分受取人払】のゴム印を押し発送しますので、郵便局に不足分をお納めください。
  • 証明書は請求者の住民登録されている現住所に送付します。勤務先や他の住所地へはお送りできません。
  • お急ぎの場合は速達、レターパック等をご利用ください。
  • 速達、書留、特定郵便等で郵送する必要がある場合は、基本料金に切手を加算するとともに、封筒にその旨をご記入ください。

手数料

  • 戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)、戸籍一部事項証明書(戸籍抄本) 1通450円
  • 除籍謄本、除籍抄本 1通750円
  • 改製原戸籍 1通750円
  • 焼失証明 1通300円
  • 受理証明書、戸籍届出の記載事項証明書 1通350円
  • 身分証明書、独身証明書 1通300円

郵便請求の送付先

郵便番号:511ー8601

住所:三重県桑名市中央町二丁目37番地

桑名市役所 戸籍・住民登録課 宛

関連リンク

 

お問い合わせ

市民環境部 戸籍・住民登録課

電話番号:0594-24-1158、24-1159

ファックス番号:0594-24-1353

トップページ > くらし・手続き > 届出・証明 > 住民票・戸籍の証明書(発行) > 戸籍の証明書 > 郵便請求 > 戸籍の証明書を郵送請求するとき(戸籍の附票を除く)