更新日: 2022年2月1日

ここから本文です。

多世代共生型施設(桑名福祉ヴィレッジ)整備事業

少子高齢化や人口減少、福祉ニーズの多様化・複雑化など、福祉分野を取り巻く環境は大きく変化してきています。それらの課題に対応した福祉サービスを確保するため、高齢者・障害者・子どもなどに対して通所や入所、相談などを包括的に提供する多世代交流・多機能型の福祉施設の整備が令和4年4月にオープンしました。

所在地 桑名市大字星川2239-1

tepecat

3月27日行われた完成式典

vireji

桑名福祉ヴィレッジ

hoiku

らいむの丘保育園

seikatu

ナーシングセンターらいむの丘

shop

ヴィレッジセンター

kuusatu

桑名福祉ヴィレッジ全景

事業内容

以下の事業を一体的に整備し、子どもから高齢者までが一緒に過ごすことができる多世代共生型施設をめざします。また、地域の人が交流できる地域交流施設や公園、店舗も備えた複合的な施設です。

  • シルバーサポートらいむの丘ハウス(養護老人ホーム)
  • らいむの丘ハイム(母子生活支援施設)
  • 児童発達支援センターライムの丘(児童発達支援事業所)
  • らいむの丘保育園
  • 相談支援センターらいむの丘
  • ケアプランセンターらいむの丘
  • ヴィレッジセンター(地域交流施設)
  • らいむショップ(店舗)

お問い合わせ

保健福祉部 福祉総務課

電話番号:0594-24-1168

ファックス番号:0594-24-1351

トップページ > くらし・手続き > まちづくり・都市計画 > 進む!桑名のまちづくり > 多世代共生型施設(桑名福祉ヴィレッジ)整備事業